杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報をご紹介

おすすめ情報
2021.12.08

精神的にツラいから…。
他の保育園に転職したい。

このように考えている保育士さんはいませんか?

保育士の仕事はハードなことで有名。

「人間関係が難しい…」「残業が多い…」「給料が安い…」など、大変なことを挙げるとキリがありません。

これではいくら子供好きでも続けることは困難でしょう。

しかし、諦めるのはまだ早い!

ここ数年、働き方改革が進み、保育士の労働環境はずいぶんと変わりました。

ですから、保育園によっては、保育士さんが働きやすいところも存在します。

ということで、今回は杉並区の保育士さんに向けて『転職に役立つ情報』をご紹介していきたいと思います。

この記事では、「保育士支援制度」や「転職に役立つ求人情報」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。
【目次】
杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ
【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと1】保育施設の拡充を開始
【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】すぎなみ保育緊急事態宣言
【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3】待機児童数ゼロを4年連続で達成
杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ
【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度1】家賃補助制度
【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】資格の取得を支援
【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度3】5万円分の商品券を配布
杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報1】杉並区の保育施設数
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報2】全国の保育園数と比較しても多い
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報4】杉並区の求人数
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報5】杉並区の有効求人倍率
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報7】杉並区職員の募集
杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1】月給30万円以上
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報3】賞与4ヶ月以上
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報5】年休120日以上
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報7】主任
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】副業OK
【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9】保育士資格なしOK
まとめ

杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ

杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ

転職に役立つ情報の前に、まずは「杉並区の保育に関する取り組み」を3つご紹介します。

杉並区の取り組みを知れば、保育士がどれだけ重宝されているかわかります。

そして、保育士が「いかに社会に貢献しているのか」ということを実感できると思いますよ。

 

【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと1】保育施設の拡充を開始

2013年、杉並区は待機児童数が過去最多の285人に到達。深刻な待機児童問題を抱えておりました。

区内には子供を預けられない母親たちが続出。いたるところで、不満の声が上がったのです。

杉並区はこの事態を受け、保育施設の拡充を開始しました。

しかし結果は、少し状況が良くなっただけ。待機児童問題は解消されませんでした。

 

【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】すぎなみ保育緊急事態宣言

【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】すぎなみ保育緊急事態宣言

2016年、杉並区は「いま、手を打たないと待機児童は増え続ける!」と判断し、『すぎなみ保育緊急事態宣言』発令。

待機児童問題の改善に本腰を入れ始めました。

杉並区は認可保育所の整備を急ピッチで進行。

さらに、保育人材確保のため、様々な支援制度を導入したのです。

その結果、待機児童数は少しずつ減り始めました。

そして2018年、ついに待機児童数ゼロを達成したのです。


【杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3】待機児童数ゼロを4年連続で達成

2021年、杉並区は待機児童数ゼロを4年連続で達成。

さらに、認可保育所等入所決定率は85%まで上昇しました。

このような結果を迎えられたのは、杉並区が本腰を入れて、待機児童問題に取り組んだから。

そして何より、保育士さんの活躍があったからだと思います。

以上のことから、保育士が社会に担っている役割は、子供のお世話をするだけではなく、社会全体をサポートしているといえるでしょう。

 

杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ

杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ

 

続きましては、転職を考えている方が知っておくべき、「杉並区の保育士支援制度」を3つご紹介します。

求人情報を探す際は、この内容を参考にして探してくださいね。

 

【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度1】家賃補助制度

杉並区では、意欲のある保育士への就労を後押しするために、様々な支援制度を実施しております。

その中の一つが「保育従事職員宿舎借り上げ補助」。

こちらは、保育事業者が借り上げる「職員宿舎の家賃」を杉並区が補助する制度。

簡単にいうと、保育園が借りている物件に保育士が住むと「家賃を補助しますよ!」ということです。

ちなみに、家賃補助の上限は8万2,000円。支給条件は、補助金対象の保育園に常勤職員として就職することになります。

尚、補助の金額や条件は、転職先の保育施設によって異なります。

これから転職を検討されている保育士さんは、その点を踏まえて求人情報をチェックしてくださいね。

 


【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】資格の取得を支援

【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】資格の取得を支援

杉並区では、保育士資格の支援を行っております。

具体的には、保育士資格の取得を支援する事業者に対して、杉並区が「受験料」や「受講料」などの経費を一部補助するもの。

簡単にいうと「保育園が無資格の保育士を支援するなら、杉並区が一部補助しますよ!」ということです。

この制度は、保育士資格のない方にとっては朗報。保育士資格を取らない理由はありません。

ちなみに、この支援制度は家賃補助と同様、転職先の保育施設によって異なります。

転職活動をする際は、この点もチェックするようにしましょう。

 


【杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度3】5万円分の商品券を配布

杉並区では、新規採用される保育士の方に向けて、5万円分の区内商品券を配布。

これにより、保育士不足を解消しようという対策をしておりました。

残念ながら、現在はこちらの制度は廃止となっております。

しかし、今後また、保育士不足が深刻になってきた際は、商品券の配布があるかもしれません。

ですから、転職する際は「杉並区のホームページ」をご確認くださいね。

杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ

杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ

さて、ここからは転職に役立つ情報を7つご紹介していきます。

転職を考えている保育士さんは、ぜひ最後まで目を通してくださいね。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報1】杉並区の保育施設数

はじめに「杉並区の保育園数」をご紹介します。

杉並区の認可保育施設は、2021年9月時点で226園。

内訳としては、私立保育園が142園、区立保育園が37園、地域型保育事業(小規模保育事業・家庭的保育事業・事業所内保育事業・居宅訪問型保育事業)が47園となっております。

この数は東京23区で見ても上位に入る多さ。ですから、杉並区は転職を考えている保育士にとって選択肢が豊富だと言えるでしょう。

 


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報2】全国の保育園数と比較しても多い

杉並区は全国的に見ても、保育園数が豊富です。

たとえば、私立保育園に関しては、814市区中14位(全国792市と東京23区の合計です)。

公立保育園に関しては、815市区中22位となっております。

以上のことからわかる通り、杉並区は全国的に見ても、転職先が豊富。

これから、転職を考えている杉並区在住の保育士さんは、このことを踏まえおいてくださいね。

そうすれば、精神的にゆとりをもって転職活動ができると思いますよ。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大

杉並区は認可保育園だけでなく、認可外保育園の数も豊富。

私立認可外保育園と公立認可外保育園を足すと、60園以上はあります。

さらに、保育園以外にも、杉並区には児童館や学童クラブ、子ども・子育てプラザなど、保育士資格を活かして働ける施設が複数あります。

ですから、「もう保育園は嫌だ!」という保育士さんもご安心ください。

保育士資格を活かせば、保育園以外でも転職できますよ。尚、認可保育園と認可外保育園の違いを簡単に説明すると、以下の通りです。


<杉並区の保育士必見!認可保育園とは?>

認可保育園とは、児童福祉法に定められた基準を満たし、国から認可されている保育園のこと。

保育される人数に対して、保育士の人数や、施設の面積などが法律によって決められています。


<杉並区の保育士必見!認可外保育園とは?>

認可外保育園とは、認可保育園以外の保育園のこと。

認可外は、国の認可基準を満たしていないだけであり、各都道府県で定めている基準に基づいて知事からの認可を受けています。

ですから、「認可外=ダメ」ということではありません。

気になる方は、「保育士向けの求人サイト」をご覧ください。認可外保育園の求人はたくさんありますよ。


<杉並区の保育士必見!認証保育園とは?>

認可外保育園の中には、認証保育園と呼ばれるものがあります。

認証保育園とは、東京都が自治体として認証した保育施設のこと。

つまり、「認可外保育園」の中で、東京都が独自に定めた基準を満たして認可されれば「認証保育園」になるんです。

認証保育園について詳しく知りたい方は、「保育士向けに転職情報を解説しているサイト」をご覧ください。

このサイトを見れば、認証保育園のメリット・デメリットまでわかりますよ。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報4】杉並区の求人数

保育士向け求人数を独自に調査した結果、杉並区では約240件ありました(正社員、パート・アルバイトすべて含む)。

求人のなかには、保育士ではなく、保育補助の募集もありました。

ですから、保育士は「もう疲れた!」って方は、保育補助で少し休み、元気になったら正社員で働くって選択もありではないでしょうか。

気になる方は、「保育士向けの求人サイト」で、保育補助のお仕事を検索してみてくださいね。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報5】東京都の有効求人倍率

東京都全体における保育士の有効求人倍率は3.09倍。

有効求人数は4,845件となっております(令和3年7月時点)。

有効求人数4,845件を23区で割ると、約210件(東京都26市、5町、8村は省いております)。

杉並区の求人数は約240件なので、平均より多いと言えるでしょう。

有効求人倍率について、もっと詳しく知りたい方は「厚生労働省のホームページ」をご覧ください。

 

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与

杉並区の保育士向け求人をもとに、平均月給を調べてみました。

その結果保育士の平均月給は約21万円、平均年間給与は約336万円となりました(平均年間給与額はボーナス(賞与)4か月分が加算されたと想定)。

厚生労働省が発表している「令和2年度賃金構造基本統計調査」をもとに、東京都の保育士平均給与と比較してみましょう。

<女性保育士の平均給与>

きまって支給する現金給与額    248,400円    
年間賞与、その他特別給与額    748,900円    
女性保育士の平均年収    3,729,700円


<男性保育士の平均給与>

きまって支給する現金給与額    273,800円    
年間賞与、その他特別給与額    722,500円    
男性保育士の平均年収    4,008,100円


こう比較してみると、杉並区の保育士平均給与は東京都の平均よりやや低めで少し物足りなさを感じると思います。

しかし杉並区は上述した通り、家賃補助をはじめとする様々な保育士支援制度があります。

ですから、実際には額面給与以上の豊かな暮らしを送ることができるでしょう。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報7】杉並区職員の募集

杉並区では、例年、福祉2類(保育士、児童指導、福祉)の職員を募集しております。

福祉2類に採用されますと、杉並区の職員として、区立の保育園、子供園、児童館などで勤務することになります。

しかし残念ながら、令和3年度の募集は終了。現在、申し込みをすることはできません。

杉並区職員に興味のある方は、来年も募集をすると思いますので、「杉並区のホームページ」をチェックしておくといいでしょう。

杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

 

ここからは、求人情報を交えて転職に役立つことを9つご紹介していきます。

この内容を参考にして、転職活動に励んでくださいね。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1】月給30万円以上

杉並区の保育士向け求人をもとに、月給30万円以上の求人を調べてみました。

その結果、約10件の求人がヒット。すべて正社員での募集です。

なかには「園長」や「主任」クラスの応募がありました。

いくつかご紹介しますので、転職をご検討中の方はご覧ください。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>高円寺ミレーネ保育園

高円寺ミレーネ保育園は、杉並区高円寺にある「定員数30名」の保育園。

少人数保育を実施しております。こちらの求人は月給32万円からスタート。

そのうえ、住宅手当が最大5万円支払われます。まさに至れり尽くせりの条件です。

しかし、注意点がひとつ。それは、園長の募集だということです。

なので、応募条件も厳しめとなっており、最低でも保育士経験10年が求められます。

詳しくは「高円寺ミレーネ保育園」の求人情報に記載しておりますので、興味のある方はご覧くださいね。

 

<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>マミー高円寺保育園

マミー高円寺保育園は、杉並区高円寺にある「定員数72名」の保育園。

子供が、精神的・心理的・社会的に自立することを目指した保育を行っております。

こちらの求人は月給31万円からのスタート。募集職種は上記と同じく、園長になります。

詳しくは「マミー高円寺保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下

杉並区の保育士向け求人をもとに、月給20万円以下の求人を調べてみました。

その結果、約10件の求人がヒット。

こちらは上記の月給30万円以上と異なり、契約社員での募集もありましたよ。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>馬橋保育園

馬橋保育園は、杉並区高円寺にある「定員数99名」の保育園。

採用3ヶ月後に有給休暇を付与。

さらに、6カ月後には改めて付与されるため、非常に働きやすい環境となっております。

ちなみに、最低月給は最低「19万4200円」。

あとは諸々の手当てが付与されるって感じですね。

詳しくは「馬橋保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>こどもヶ丘保育園

こどもヶ丘保育園は、杉並区高円寺にある「定員数20名」の保育園。

「子供ひとりひとりの個性を尊いものとして認め、伸ばす保育」を理念に掲げ、保育を行っております。

こどもヶ丘保育園の最低月給は「18万円」。

応募資格は保育士資格さえあれば、業務未経験でもOKとなっております。

詳しくは「こどもヶ丘保育園」の求人情報に記載しておりますので、ご覧ください。


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報3】賞与4ヶ月以上

杉並区の保育士向け求人をもとに、賞与4ヶ月以上の求人を調べてみました。

その結果、約20件の求人がヒット。ほとんどが正社員での募集になります。

保育園によっては賞与「4.1ヶ月」や「4.65ヶ月」というように、細かい数字が記載されているケースもありますので、転職の際はしっかりとチェックしてくださいね。

 

<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>頌栄保育園

頌栄保育園(しょうえい)は、杉並区上荻にある「定員数67名」の保育園。

キリスト教の精神をもとに、生きる力の基礎を育成。子どもはもちろん、保護者や職員みんなが笑顔で過ごせる保育園を目指しております。

頌栄保育園の月給は最低「19万4200円」、賞与は「4.65ヶ月」となっております。

詳しくは「頌栄保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>むさしの保育園

むさしの保育園は、杉並区和田にある「定員数140名」の保育園。

子供の気持ちを尊重し、豊かな精神を養う保育を行っています。

むさしの保育園の月給は最低「19万円」、賞与は「4.1ヶ月」となっておりますよ。

詳しくは「むさしの保育園」の求人情報に記載しておりますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て

杉並区の保育士向け求人をもとに、住宅手当てがある求人を調べてみました。

その結果、約50件の求人がヒット。多くの保育園で住宅手当てが導入されておりました。

求人のなかには、「自己負担5,000円でOK」という保育園もありましたよ。

 


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>ふたばクラブ浜田山駅前保育園

ふたばクラブ浜田山駅前保育園は、杉並区浜田山にある「定員数51名」の保育園。

「子供ひとりひとり」に寄り添った、あたたかく丁寧な保育を目指していおります。

ふたばクラブ浜田山駅前保育園は、借り上げ社宅に入居した場合、「自己負担額5千円」。

それ以外の物件に入居した場合は、家賃補助として「最大8万2千円」が支給されます。

詳しくは「ふたばクラブ浜田山駅前保育園」の求人情報に記載しておりますので、ぜひご覧ください。

 

<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>ヴィラまなびの森保育園⾼井⼾

ヴィラまなびの森保育園⾼井⼾は、杉並区高井戸にある「定員数60名」の保育園。

家庭に近い関わりを大切に、異年齢児保育を取り入れ、社会性やコミュニケーション力を育てる方針をとっております。

ヴィラまなびの森保育園⾼井⼾は住宅手当てだけでなく、住宅の斡旋まで行ってくれるため、物件探しが苦手な人でも心配いりません。

詳しくは「ヴィラまなびの森保育園⾼井⼾」の求人情報に記載しておりますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報5】年休120日以上

杉並区の保育士向け求人をもとに、年休120日以上の求人を調べてみました。

その結果、約70件の求人がヒット。働き方改革の影響なのか、たくさんの求人がありました。

求人のなかには、「いつでも休暇OK!」という保育園もありましたよ。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>グローバルキッズ荻窪保育園

グローバルキッズ荻窪保育園は、杉並区阿佐ヶ谷南にある「定員数90名」の保育園。

豊かに生きる力を育てるという理念を掲げ、保育園を運営しております。グローバルキッズ荻窪保育園は、週休2日制。

年間休日は127日となっており、保育士さんが働きやすい環境が整っております。

詳しくは「グローバルキッズ荻窪保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>ポピンズナーサリースクール阿佐ヶ谷

ポピンズナーサリースクール阿佐ヶ谷は、杉並区阿佐ヶ谷北にある「定員数35名」の保育園。

「働く女性に豊かな人生!」「子どもの未来に大きな可能性!」をキーコンセプトに運営しております。

ポピンズナーサリースクール阿佐ヶ谷の年間休日は125日。

過去には最大9連休の実績もありますよ。

詳しくは「ポピンズナーサリースクール阿佐ヶ谷」の求人情報に記載しておりますので、ぜひご覧ください


【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK

杉並区の保育士向け求人をもとに、男性保育士OKの求人を調べてみました。

その結果、約100件の求人がヒット。想像以上に多くの求人がありました。

ここ数年、政府は「男女雇用機会均等法」に則り、男女均等な採用選考になるよう、企業に働きかけております。

ですから、保育園もその影響を受け、男性保育士の採用を強化。積極的に採用を行なっているのだと思いますよ。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>グローバルキッズ浜田山園

グローバルキッズ浜田山園は、杉並区浜田山にある「定員数70名程度」の保育園。

子ども達の未来のために、という理念のもと「子どもの気持ちを大切にする保育」を行っています。

こちらの保育園は、海外研修(ハンガリーやフィンランドなど)を取り入れ、保育士の育成に力を入れておりますよ。

詳しくは「グローバルキッズ浜田山園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>あい保育園久我山

あい保育園久我山は、杉並区久我山にある「定員数100名程度」の保育園。

子供たちの自主性や個性を大切にした保育を行なっています。

あい保育園久我山は、保育士資格がなくてもOK。取得見込みであれば応募できますよ。

保育士への転職を考えている男性は、ぜひこの機会にトライしてみましょう。

求人の詳細は「あい保育園久我山」の求人情報に記載しておりますので、ぜひご覧ください。

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報7】主任

杉並区の保育士向け求人をもとに、主任の求人を調べてみました。その結果、約5件の求人がヒット。

すべて正社員での募集となっておりました。

園長と主任の仕事内容や役割の違いは、「保育士の転職情報を紹介しているサイト」に掲載しておりますので、気になる方はご覧ください。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>Picoナーサリ玉川上水公園

Picoナーサリ玉川上水公園は、杉並区久我山にある「定員数46名」の保育園。

子供たちの主体性を大切に、一人ひとりの心の成長と能力の開花を目指した保育を行っております。

こちらの保育園は、リトミックや絵画などの特別教育にも力を入れているため、保育士としてのスキルアップも図れますよ。

ちなみに、主任職の募集条件は、保育経験7年以上となっております(保育士資格必須)。

詳しくは「Picoナーサリ玉川上水公園」の求人情報に記載しておりますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

 

<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>下高井戸ここわ保育園

下高井戸ここわ保育園は、杉並区下高井戸にある「定員数60名」の保育園。

子供・保護者・地域・そして保育士の輪を大切にした、愛情ある保育園を目指しております。

主任職の募集条件は保育士資格のみとなっておりますので、意欲さえあれば、採用されるかもしれません。

詳しくは「下高井戸ここわ保育園」のの求人情報に記載しておりますので、ぜひご覧くださいね。

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】副業OK

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】副業OK

杉並区の保育士向け求人をもとに、副業OKの求人を調べてみました。

その結果、約15件の求人がヒット。

ほとんどがパート・アルバイトでの募集となっております。

まだ保育士の副業は認められてないって感じですね。

副業OKの求人は、これから増えてくると思いますので、転職活動の際にチェックするといいでしょう。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>ウィズブック保育園高円寺南

ウィズブック保育園高円寺南は、杉並区高円寺南にある「定員数58名」の保育園。

独自開発のWithBookプログラムを取り入れ、「子どもにとっての最善は何か?」を考え続けている保育園です。

副業OKというだけあり、時代の変化に応じた様々な取り組みや制度を導入しております。

詳しくは「ウィズブック保育園高円寺南」の求人情報に記載しておりますので、ご覧ください。

尚、こちらは正社員の募集になります。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>南阿佐ヶ谷どみそ保育園

南阿佐ヶ谷どみそ保育園は、杉並区高円寺南にある「定員数22名」の保育園。

一人の人として成長する中で大切なことを身につけ、豊かな大人となれるような子育てを支援しております。

こちらの保育園は契約社員での募集になります。しかし条件面を見ると、最低月給22万円に加え、家賃補助82,000円などの手当てがついてきます。

ですから、正社員と変わらない生活を送れると思いますよ。

詳しくは「南阿佐ヶ谷どみそ保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

【杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9】保育士資格なしOK

杉並区の保育士向け求人をもとに、保育士資格なしOKの求人を調べてみました。

その結果、約10件の求人がヒット。

パートだけでなく、正社員でも募集もいくつかありました。

杉並区では保育士資格支援がありますので、働きながら資格を取得する方法も、アリだと思いますよ。

 

<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>第二永福ここわ保育園

第二永福ここわ保育園は、杉並区上高井戸にある「定員数60名」の保育園。

教育・安全・食育の3本の柱を大切にして、子供たちの成長をサポートしております。

今回の求人はパートでの募集。時給1,250円からのスタートになります。

第二永福ここわ保育園は正社員登用も行っておりますので、正社員になれる可能性がありますよ。

詳しくは「第二永福ここわ保育園」の求人情報に記載しておりますので、興味のある方はご覧くださいね。


<杉並区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>保育所Agape八幡山園

保育所Agape八幡山園は、杉並区上高井戸にある「定員数35名」の保育園。

アウトドア保育を行ったり、ドッツフラッシュカードを取り入れたりと、ユーモア溢れる保育を行っております。

こちらの保育園は保育士資格がなくてもOK。

ただし、試用期間が3ヶ月ありますので、ご注意ください。

尚、募集は正社員になりますよ。

詳しくは「保育所Agape八幡山園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめますと

杉並区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ
杉並区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ
杉並区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ
杉並区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

人気保育士コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む