新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報をご紹介

保育士転職のおすすめ情報
2022.05.03

保育方針が合わないから…。

他の保育園に転職したい。

このように考えている保育士さんはいませんか?

保育士は精神的に負担の大きい仕事。

「仕事量が多い…」「保護者対応が大変…」「休みが少ない…」など、大変なことを挙げるとキリがありません。

これではいくら子供好きでも続けることは困難でしょう。

しかし諦めるのはまだ早い!

ここ数年、働き方改革が進み、保育士の労働環境はずいぶんと変わりました。

ですから、保育園によっては保育士さんが働きやすいところも存在します。

ということで、今回は新宿区の保育士さんに向けて『転職に役立つ情報』をご紹介していきたいと思います。

この記事では「保育士支援制度」や「転職に役立つ求人情報」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ
【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと1】居宅訪問型保育事業の実施
【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】子育て支援事業計画の策定
【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3】子ども総合センター
新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ
【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度1】借り上げ支援
【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】保育従事職員資格取得支援
【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度3】保育園ツアー面接会
新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報1】新宿区の保育施設数
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報2】全国の保育園数と比較しても多い
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報4】新宿区の求人数
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報5】新宿区の有効求人倍率
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報7】新宿区育児休業代替任期付職員の募集
新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1】月給30万円以上
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報3】賞与4ヶ月以上
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報5】年休120日以上
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報7】主任
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】未経験OK
【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9】時短勤務OK
まとめ
 

新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ

新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ

転職に役立つ情報の前に「新宿区の保育に関する取り組み」を3つご紹介します。

新宿区の取り組みを知れば、保育士がどれだけ重宝されているかわかります。

そして、保育士が「いかに社会貢献しているのか」ということを実感できるでしょう

 

【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと1】居宅訪問型保育事業の実施

新宿区はショッピンク、娯楽、文化など多彩な魅力を持つ街。

しかしその一方で、深刻な待機児童問題を抱えており、2013年には176名の待機児童が存在しました。

新宿区はこの事態を受け、本格的に待機児童問題への取り組みを開始。

「私立認可保育所の整備」「待機児童を対象とした居宅訪問型保育事業の実施」など、あらゆる政策により保育定員の拡大を図りました。

その結果、次第に待機児童数が減り、2020年度には待機児童数が1名になりました。

今後は待機児童ゼロを目指して「保育園の増設」や「保育士の確保」により力を入れていくと考えられるでしょう。

 

【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】子育て支援事業計画の策定

【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】子育て支援事業計画の策定

新宿区では「令和2年から令和6年」を計画期間とする『子育て支援事業計画(第2期)』を策定しました。

子育て支援事業計画のなかには「子育てしやすい街の実現」「保育所待機児童の解消」「保育サービスの充実と質の確保」などが含まれております。

ですから、今後の新宿区では保育士さんの活躍する場面がますます増えると考えられるでしょう。

子育て支援事業計画について詳しく知りたい方は「新宿区のホームページ」をご覧ください。

 

【新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3】子ども総合センター

新宿区では安心して子育てができるように「子ども総合センター」や「子ども家庭支援センター」を設置しています。

こちらのセンターでは、お子様を区内の児童福祉施設でお預かりする「子どもショートステイ」や子育ての悩みを相談できる「子どもと家庭の総合相談」など、様々な子育て支援事業を展開しています。

新宿区は子育て中の保育士さんが安心して働ける街だと言えるでしょう。

 

新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ

新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ

続きましては、転職を考えている保育士が知っておくべき「新宿区の保育士支援制度」を3つご紹介します。

求人情報を探す際は、この内容を参考にして探してくださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度1】借り上げ支援

新宿区では、意欲のある保育士への就労を後押しするために様々な支援制度を実施しております。

その中の一つが「保育従事職員宿舎借り上げ支援」。

こちらは保育運営事業者が借り上げる「職員宿舎の家賃」を新宿区が補助する制度です。

つまり、保育園が借りている物件に保育士が住むと「家賃を補助しますよ!」ということです。

なお、家賃補助の金額や支給条件は保育施設によって異なりますので、転職を検討されている保育士は、その点を踏まえて求人情報をチェックしてくださいね。

新宿区の借り上げ支援事業について詳しく知りたい方は、「新宿区保育人材確保事業のページ」をご覧くださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】保育従事職員資格取得支援

【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】保育従事職員資格取得支援

新宿区では、保育士資格の支援を行っております。

具体的には、保育士資格の取得を支援する事業者に対して、新宿区が「受験料」や「受講料」などの経費を一部補助するもの。

つまり「保育園が無資格の保育士を支援するなら、新宿区が一部補助しますよ!」ってことです。

この制度は保育士資格のない方にとっては朗報。保育士資格を取らない理由はありません。

なお、資格取得支援制度は借り上げ支援と同様、保育施設によって異なります。

ですから、転職活動をする際はこの点もチェックするようにしましょう。

 

【新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度3】保育園ツアー面接会

新宿区はハローワーク新宿と連携して保育施設で働きたい方の支援をしております。

その中のひとつが「保育園ツアー面接会」。

こちらの支援制度はハローワーク職員が求職者を保育施設に案内し、見学と兼ねて就職相談や面接を実施してくれます。

ですので、しっかりと職場を見学したうえで転職先を選ぶことができますよ。

保育園ツアー面接会については「ハローワーク新宿のホームページ」に詳しく書いておりますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

 

新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ

新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ

さて、ここからは保育士の転職に役立つ情報を7つご紹介していきます。

転職を考えている保育士さんは、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報1】新宿区の保育施設数

はじめに、「新宿区の保育園数」をご紹介します。

新宿区の認可保育施設は、2021年11月時点で94園。

内訳としては、私立保育園が51園、区立保育園が12園、私立認定こども園が8園、区立認定こども園が10園、地域型保育事業(小規模保育事業・家庭的保育事業・事業所内保育事業・居宅訪問型保育事業)が13園となっております。

合計94園は東京都の中で見ると平均的な多さになります。

新宿区は転職を考えている保育士にとって悪くない環境だと言えるでしょう。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報2】全国の保育園数と比較しても多い

新宿区の保育園数を全国的に見ると、私立保育園は815市区中61位(全国792市と東京23区の合計です)。

公立保育園は、815市区中152位となっております。

つまり、新宿区は全国的に見ても求人数が豊富。

保育士さんが転職しやすい環境だと言えるでしょう。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めば選択肢拡大

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めば選択肢拡大

新宿区は認可保育施設だけでなく、認可外保育施設の数も豊富。

認証保育園も含めると、約35ヶ所の認可外保育施設が存在します。

さらに、保育園以外にも新宿区には児童館や学童クラブ、子育てのひろばなど、保育士資格を活かして働ける施設が複数あります。

ですから、「もう保育園は嫌だ!」という保育士さんもご安心ください。

保育士資格を活かせば、保育園以外でも転職できますよ。

なお、認可保育園と認可外保育園の違いは以下の通りです。

 

<新宿区の保育士必見!認可保育園とは?>

認可保育園とは、児童福祉法に定められた基準を満たし、国から認可されている保育園のこと。

保育される人数に対して、保育士の人数や、施設の面積などが法律によって決められています。

 

<新宿区の保育士必見!認可外保育園とは?>

認可外保育園とは、認可保育園以外の保育園のこと。

認可外は、国の認可基準を満たしていないだけであり、各都道府県で定めている基準に基づいて、知事からの認可を受けています。

ですから「認可外=ダメ」ということではありません。

気になる方は「保育士向けの求人サイト」をご覧ください。認可外保育園の求人はたくさんありますよ。

 

<新宿区の保育士必見!認証保育園とは?>

認可外保育園の中には、認証保育園と呼ばれるものがあります。

認証保育園とは、東京都が自治体として認証した保育施設。

つまり「認可外保育園」の中で、東京都が独自に定めた基準を満たして認可されれば「認証保育園」になるのです。

認証保育園について詳しく知りたい方は「保育士向けに転職情報を解説しているサイト」をご覧ください。

このサイトを見れば、認証保育園のメリット・デメリットまでわかりますよ。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報4】新宿区の求人数

保育士向けの求人数を独自に調査した結果、新宿区では約125件ありました。(正社員、パート・アルバイトすべて含む)

求人のなかには、保育士ではなく、保育補助の募集もありました。

保育士は「もう疲れた!」って方は保育補助で少し休んでから正社員で働くって選択もありだと思います。

ご興味のある方は「保育士向けの求人サイト」で、保育補助の求人を検索してみてくださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報5】新宿区の有効求人倍率

東京都全体における保育士の有効求人倍率は3.09倍。

有効求人数は4,845件となっております。(令和3年7月時点)

有効求人数4,845件を23区で割ると、約210件。(東京都26市、5町、8村は省いております)

新宿区の求人数は約125件なので、平均より多いと言えるでしょう。

有効求人倍率について詳しく知りたい方は「厚生労働省のホームページ」をご覧ください。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与

新宿区の保育士向けの求人をもとに、平均月給を調べてみました。

その結果、保育士の平均月給は約22万円、平均年間給与は約352万円となりました(平均年間給与額は賞与4か月分が加算されたと想定)

厚生労働省が発表している「令和2年度賃金構造基本統計調査」をもとに、東京都の保育士平均給与と比較してみましょう。

 

<女性保育士の平均給与>

きまって支給する現金給与額                  248,400円   
年間賞与、その他特別給与額                  748,900円   
女性保育士の平均年収                          3,729,700円

 

<男性保育士の平均給与>

きまって支給する現金給与額                  273,800円   
年間賞与、その他特別給与額                  722,500円   
男性保育士の平均年収                          4,008,100円
 
 
このように比較してみると、新宿区の保育士平均給与は東京都の平均よりやや低めで少し物足りなさを感じると思います。

しかしご安心ください。政府の発表によれば2022年2月から「月額3パーセント程度=9000円」保育士の給与が引き上がります。

ですので、来年は今よりも所得が増えると思いますよ。

保育士の給料アップに関しては「毎日新聞のホームページ」に詳しく書いておりますので、ぜひご覧ください。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報7】新宿区育児休業代替任期付職員の募集

新宿区では、福祉2類(保育士、児童指導、福祉)の職員を募集しております。

福祉2類に採用されますと、新宿区の職員として、区立の保育園、子供園、児童館などで勤務することになりますよ。

応募条件は「保育士資格の保有のみ」となっておりますので、該当する方はトライしてみるといいでしょう。

詳しくは「新宿区のホームページ」に記載しておりますので、ご覧くださいね。

 

新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ


ここからは、求人情報を交えて保育士の転職に役立つことを9つご紹介していきます。

この内容を参考にして、転職活動に励んでくださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1】月給30万円以上

新宿区の保育士向けの求人をもとに、月給30万円以上の求人を調べてみました。

その結果、約4件の求人がヒット。

すべて管理職の求人です。

管理職にご興味のある方は、ぜひご覧くださいね。(月給25万〜35万のような求人は含めておりません)

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>ニチイキッズニッセイみらい市ヶ谷保育園

ニチイキッズニッセイみらい市ヶ谷保育園は、新宿区市ヶ谷にある「定員数12名」の保育園。

「おもいっきり遊ぶ、おもいっきり学ぶ」を保育テーマに掲げ、みんなが笑顔になれる保育園づくりを目指しております。

こちらの保育園の月給は30万9千円からスタート。募集職種は園長になります。

詳しくは「ニチイキッズニッセイみらい市ヶ谷保育園」の求人情報に書いておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>わらべうた四谷病児室

わらべうた四谷病児室は、新宿区四谷にある「定員数6名」の単独型病児保育室。

心身ともにたくましく、個性豊かで自主性のある子供に育つよう保育を行なっております。

わらべうた四谷病児室の月給は34万7千円からスタート。募集職種は園長になります。

詳しくは「わらべうた四谷病児室」の求人情報に書いておりますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下

新宿区の保育士向けの求人をもとに、月給20万円以下の求人を調べてみました。

その結果、約10件の求人がヒット。

こちらは月給30万円以上と異なり、主に役職のない保育士の募集です。

月給20万円以下は一見すると少なく感じますが、様々な手当てがつくので実際の収入は予想より多いと思いますよ。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>ルーチェ保育園西新宿

ルーチェ保育園西新宿は、新宿区白鷺にある「定員数30名」の保育園。

英語や音楽などの専門講師を招き、子供たちに「本物」の体験をさせることを大切にしております。

ルーチェ保育園西新宿の月給は15万円からスタート。正社員での募集になります。

詳しくは「ルーチェ保育園西新宿」の求人情報に書いておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>アスク薬王寺保育園

アスク薬王寺保育園は、新宿区市谷薬王寺町にある「定員数74名」の保育園。

多彩な学習プログラムを取り入れ、子供たちの興味や関心の芽を育てる保育を行なっております。

アスク薬王寺保育園の月給は16万8千円からスタート。正社員での募集になります。

詳しくは「アスク薬王寺保育園」の求人情報に書いておりますので、気になる方はご覧ください。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報3】賞与4ヶ月以上

新宿区の保育士向けの求人をもとに、賞与4ヶ月以上の求人を調べてみました。

その結果、約10件の求人がヒット。

正社員での募集が多く見受けられました。

求人のなかには、賞与「5.5〜6ヶ月」の保育園もありましたよ。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>東京母子愛育会保育園

東京母子愛育会保育園は、新宿区北新宿にある「定員数100名」の保育園。

子供たちの主体性、社会性、感性を大事にした保育を行なっております。

東京母子愛育会保育園の月給は21万8千円からスタート。賞与は「4.8ヶ月」となっております。

詳しくは「東京母子愛育会保育園」の求人情報に書いておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>富久ソラのこども園ちいさなうちゅう

富久ソラのこども園ちいさなうちゅうは、新宿区富久町にある「定員数164名」の保育園。

「大きなおうち」を保育理念に掲げ、みんなが互いに支えあい育ちあう家庭的な保育園を目指しております。

こちらの保育園の月給は21万2千円からスタート。賞与は「5.5〜6ヶ月」となっております。

詳しくは「富久ソラのこども園ちいさなうちゅう」の求人情報に書いておりますので、気になる方はご覧ください。 

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て

新宿区の保育士向けの求人をもとに、住宅手当てがある求人を調べてみました。

その結果、約30件の求人がヒット。多くの保育園で住宅手当てが導入されておりました。

求人のなかには、自己負担「月額10,000円」という保育園もありましたよ。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>早稲田フロンティアキッズ

早稲田フロンティアキッズは、新宿区河田町にある「定員数70名」の保育園。

モンテッソーリ教育とグローバル教育をベースに、子供たちを心から尊重した保育を行なっております。

早稲田フロンティアキッズは条件をクリアすれば住宅手当(上限20,000円)が支給されます。

さらに、地方出身者には「上限200,000円」の引っ越し費用の貸付金制度ありますよ。(採用後3年勤続で返済不要)

詳しくは「早稲田フロンティアキッズ」のホームページ書いておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>グローバルキッズ西新宿園

グローバルキッズ西新宿園は、新宿区西新宿にある「定員数51名」の保育園。

「子どもの持つ力を信じ、一緒に育ちあう」を保育方針に掲げ、保育を行なっております。

グローバルキッズ西新宿園は借り上げ社宅制度を導入しており、条件をクリアすれば自己負担10,000円で入居できますよ。

詳しくは「グローバルキッズ西新宿園」の求人情報に書いておりますので、気になる方はご覧ください。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報5】年休120日以上

新宿区の保育士向けの求人をもとに、年休120日以上の求人を調べてみました。

その結果、約40件の求人がヒット。予想以上にたくさんの求人がありました。

近年は働き方改革が進んでおりますので、その影響かもしれませんね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>ポピンズナーサリースクール早稲田

ポピンズナーサリースクール早稲田は、新宿区西早稲田にある「定員数60名」の保育園。

「働く女性に豊かな人生!」「子どもの未来に大きな可能性!」をキーコンセプトに運営しております。

ポピンズナーサリースクール早稲田の年間休日は125日。さらに法定通りの有給休暇が付与されますよ。(最大年間20日間)

詳しくは「ポピンズナーサリースクール早稲田」の求人情報に書いておりますので、ぜひご覧くださいね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>原町みゆき保育園

原町みゆき保育園は、新宿区原町にある「定員数160名」の保育園。

「明るく元気に遊ぶ子」「思いやりのある子」「自分で考え行動する子」の育成を目標に掲げ、保育を行なっております。

原町みゆき保育園の年間休日は135日。さらに法定通りの有給休暇が付与されます。

詳しくは「原町みゆき保育園」の求人情報に書いておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK

新宿区の保育士向けの求人をもとに、男性保育士OKの求人を調べてみました。

その結果、約10件の求人がヒット。男性保育士OKの求人がたくさんありました。

ここ数年、政府は「男女雇用機会均等法」に則り男女均等な採用選考になるよう、企業に働きかけております。

ですから、保育園もその影響を受け、今後は男性保育士の求人がさらに増えてくると考えられるでしょう。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>下落合そらいろ保育園

下落合そらいろ保育園は、新宿区中落合にある「定員数19名」の保育園。

子供たちの意欲を尊重し、「できた!」という達成感を味わってもらえるような保育を行っています。

下落合そらいろ保育園は、保育士さんたちの「こうなりたい」を叶えられるよう制度をたくさん整えております。

ですので、とっても働きやすい職場だと言えるでしょう。

詳しくは「下落合そらいろ保育園」の求人情報に書いておりますので、ご覧くださいね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>ぴっころきっず西早稲田

ぴっころきっず西早稲田は、新宿区西早稲田にある「定員数63名」の保育園。

一人ひとりの個性を尊重し、主体性や創造性を養う保育を行なっております。

ぴっころきっず西早稲田は保育士が働きやすいように配慮してくださるので、堅苦しい雰囲気はありません。とっても風通しのいい職場ですよ。

詳しくは「ぴっころきっず西早稲田」の求人情報に書いておりますので、興味のある方はご覧くださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報7】主任

新宿区の保育士向けの求人をもとに、主任の求人を調べてみました。

その結果、約3件の求人がヒット。

すべて正社員での募集です。

園長と主任の仕事内容や役割の違いは「保育士の転職情報を紹介しているサイト」に掲載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>にじいろ保育園市谷加賀町

にじいろ保育園市谷加賀町は、新宿区市谷加賀町にある「定員数45名」の保育園。

子供たちの自主性・自立心を重んじ、自然とのふれあいや遊びを大切にする保育を行なっております。

にじいろ保育園市谷加賀町の月給は31万1千円からスタート。募集職種は主任になります。

応募条件は保育士経験5年以上となっておりますので、該当する方はトライしてみるといいでしょう。

詳しくは「にじいろ保育園市谷加賀町」の求人情報をご覧くださいね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>新宿区東五軒町児童館

新宿区東五軒町児童館は、新宿区東五軒町にある児童館。

「すくすく育つ」「わくわく遊ぶ」「いきいき過ごす」を保育目標に、その子の成長ペースに合わせた保育を行なっております。

新宿区東五軒町児童館の月給は20万5千円からスタート。募集職種は主任になります。

応募条件は「保育士資格の保有のみ」となっておりますので、該当する方はトライしてみるといいでしょう。

詳しくは「新宿区東五軒町児童館」の求人情報をご覧ください。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】未経験OK

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】未経験OK

新宿区の保育士向けの求人をもとに、未経験OKの求人を調べてみました。

その結果、約30件の求人がヒット。

パートだけでなく、正社員での募集も何件かありました。

求人のなかには「保育士資格なしでもOK」という、正社員の求人もありましたので、意欲ある方はトライしてみるといいでしょう。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>ウィズブック保育園中落合

ウィズブック保育園中落合は、新宿区中落合にある「定員数66名」の保育園。

子供たちの自発性や社会性を養うため「WithBookプログラム」を取り入れ、保育を行なっております。

ウィズブック保育園中落合は、系列NPOが運営する各種研修を無料で受講できます。

ですから、未経験の方でも安心して働き始めることができますよ。

詳しくは「ウィズブック保育園中落合」の求人情報に記載しておりますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>あい保育園落合

あい保育園落合は、新宿区上落合にある「定員数117名」の保育園。

子供たちの自主性や個性を尊重し、相手を思いやる心を育んでおります。

あい保育園落合は、みんなで支え合い、話し合いながら「共に成長する場所となること」を社命としております。

ですので、未経験でも大丈夫。周囲のサポートを受けながら安心して働けますよ。

詳しくは「あい保育園落合」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

【新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9】時短勤務OK

新宿区の保育士向けの求人をもとに、時短勤務OKの求人を調べてみました。

その結果、約15件の求人がヒット。

予想を上回る結果となりました。

冒頭でも述べた通り、今後は保育業界にも働き方改革の波が押し寄せ、職場環境が大きく変わります。

ですので、将来的には時短勤務OKの職場がより増えると思いますよ。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>ほっぺるランド北新宿

ほっぺるランド北新宿は、新宿区北新宿にある「定員数72名」の保育園。

生きる力を育て、思いやりのある豊かな心と個性を育む保育を行なっております。

ほっぺるランド北新宿は地域の人々や関係各機関と連携しているため、サポート体制がしっかりしております。

ですので、時短勤務も可能となっておりますよ。

詳しくは「ほっぺるランド北新宿」の求人情報に書いておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

 

<新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>新宿区立早稲田南町保育園分園

新宿区立早稲田南町保育園分園は、新宿区区立早稲田南町にある「定員数134名」の保育園。

お散歩中に笑顔で挨拶するなど、地域の方との何気ない交流を大切にしております。

早稲田南町保育園分園は長く働きやすい環境づくりを目標にしております。

ですので、育休や時短勤務の申請がとってもしやすい職場ですよ。

詳しくは「新宿区立早稲田南町保育園分園」のホームページに記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

新宿区で転職をお考えの保育士におすすめの家賃補助制度をご紹介します

新宿区で転職先をお考えの保育士におすすめしたいのが、新宿区が保育士向けに提供している借り上げ社宅制度です。

補助金額はなんと最大で…

月額82,000円!

非常に高額をサポートしてくれます。

補助対象は賃料及び共益費や礼金など、保育士が借りる賃貸に関わる様々な料金を賄うことができます!

保育士人材を増やすための取り組みとして、新宿区では保育学生向けの就職相談や面接会、転職を考える方には保育園ツアーも開催されています。

上記の家賃補助を受けるための条件もありますので、新宿区の借上社宅制度を活用したい方はぜひチェックして下さいね!

 

 

まとめ

 
では、これまでの内容をまとめますと
 
新宿区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ
新宿区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ
新宿区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ
新宿区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ
 
 
 
以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
 
 
 
 
 


 

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む