保育士が転職に失敗する理由とは?失敗しないための対策をご紹介します

保育士の転職相談
2022.07.15

転職に失敗したらどうしよう…。

このように悩む保育士も多いのではないでしょうか。

保育士は需要が高く“引く手あまた”だと分かっていても、転職活動には不安を抱えてしまいますよね。

この記事では、そんな方の不安を和らげるために「転職に失敗しないための対策」をご紹介していきたいと思います。

前半部分では「転職に失敗する理由」や「失敗しやすい人の特徴」も紹介しておりますので、ぜひご覧くださいね。


【目次】
保育士の転職の悩み|失敗する理由とは?
【保育士の転職の悩み|失敗する理由1】条件の表面的な部分のみに注目して転職するから
【保育士の転職の悩み|失敗する理由2】給与面や待遇に魅力を感じて転職するから
【保育士の転職の悩み|失敗する理由3】退職したい感情を優先して転職するから
【保育士の転職の悩み|失敗する理由4】周りに影響されて転職するから
【保育士の転職の悩み|失敗する理由5】転職をゴールにするから
保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴5つ
【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴1】情報収集を怠る人
【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴2】一人で何もかもやろうとする人
【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴3】人の話に耳を傾けない人
【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴4】転職理由が明確でない人
【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴5】保育園選びの基準が曖昧な人
保育士の転職相談|失敗しないための対策7つ
【保育士の転職相談|失敗しないための対策1】口コミサイトなどを活用すること
【保育士の転職相談|失敗しないための対策2】徹底的に情報収集すること
【保育士の転職相談|失敗しないための対策3】職場見学すること
【保育士の転職相談|失敗しないための対策4】他の保育園と条件を比べてみること
【保育士の転職相談|失敗しないための対策5】提示給与の中身を確認すること
【保育士の転職相談|失敗しないための対策6】募集期間を確認すること

【保育士の転職相談|失敗しないための対策7】サポート役をつけること
まとめ

 

保育士の転職の悩み|失敗する理由とは?

保育士の転職|失敗する理由とは?

なぜ転職に失敗したと後悔してしまうのでしょうか。

まずは「保育士が転職で失敗してしまう理由」をご紹介していきます。

ぜひ転職活動の参考にしてくださいね。

なお、転職に失敗した理由について詳しく知りたい方は「保育士が知っておきたい転職で失敗する理由や事例を紹介」をご覧ください。

 

【保育士の転職の悩み|失敗する理由1】条件の表面的な部分のみに注目して転職するから

保育士が転職で失敗してしまう理由1つ目は『条件の表面的な部分のみに注目して転職するから』です。

転職希望者の中には、新しい職場への期待に胸を膨らませるあまり、求人情報に記載されている条件の「表面的な部分」のみに注目する方がいます。

このようなケースでは、求人情報の表面しかチェックしていないため、後々「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになりかねません。

転職先を検討する際は「求人情報」を隅々まで読み込み、理解した上で応募することをおすすめします。

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント」でも同様のことを述べておりますよ。

 

【保育士の転職の悩み|失敗する理由2】給与面や待遇に魅力を感じて転職するから

保育士が転職で失敗してしまう理由2つ目は『給与面や待遇に魅力を感じて転職するから』です。

いくら給与面や待遇が良くても、園の方針や雰囲気が合わなかった場合、長く勤めることは困難です。

そのため、給与面や待遇に魅力を感じて転職する人の中には「園の雰囲気が嫌だ…」とう理由で早期退職する人も珍しくありません。

園の方針や雰囲気は、実際に園を見学してみなければわかりません。

ですので、転職先を決める際は、担当者に保育園の見学を依頼し、自分の目で雰囲気を確かめてからにしましょう。

転職に失敗してしまう7つの条件にご注意を!」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職の悩み|失敗する理由3】退職したい感情を優先して転職するから

【保育士の転職|失敗する理由3】退職したい感情を優先して転職するから

保育士が転職で失敗してしまう理由3つ目は『退職したい感情を優先して転職するから』です。

保育園を辞めたい気持ちが強く、転職先が決まる前に退職してしまった場合、焦って転職活動をすることになります。

そのため、条件や園の環境などを詳しく確認せず、早急に転職先を決めてしまい、入職後に後悔をするというケースが発生しやすいです。

保育園を辞めたくなる気持ちは十分に理解できますが、勢いで止めるのだけはやめましょう。

転職を成功させる秘訣は計画的に行動することですよ!

保育士が転職で失敗する原因は?失敗しないための7つのポイントを解説」や「保育士が転職に失敗してしまう3つの理由とは?」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職の悩み|失敗する理由4】周りに影響されて転職するから

保育士が転職で失敗してしまう理由4つ目は『周りに影響されて転職するから』です。

保育士の中には、職場で「同僚の退職が続いた」という経験をした方もいるのではないでしょうか。

周りの人間が次々に退職していくと「人手不足になって自分が退職したいときに辞められないかも…」と、転職を決めるケースもあるかもしれません。

このようなケースでは「とりあえず別の保育園を探す」と転職先を安易に決めてしまうことも考えられます。

ですので、周りに影響されての転職はおすすめしません。周りに影響されて転職することだけは絶対にさけましょう。

 

【保育士の転職の悩み|失敗する理由5】転職をゴールにするから

保育士が転職で失敗してしまう理由5つ目は『転職をゴールにするから』です。

転職希望者の中には、転職さえすれば「すべての面において状況がよくなる」と思ってしまう人がいます。

確かに転職して職場環境が変わり、充実した日々を過ごせるようになるかもしれません。

しかし転職した保育士さんの中には、環境や就労条件が変わったことで、精神的に辛さを感じることになった方もいらっしゃいます。

なので「とりあえず転職したい」と安易に行動することはおすすめしません。

転職はゴールではなくスタートですよ!

転職で失敗・後悔する保育士の特徴、転職できない・決まらない原因と対策」でも同様のことを述べております。

 

 

保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴5つ

保育士の転職|失敗しやすい人の特徴5つ

どのような人が転職に失敗しやすいのでしょうか。

ここでは、転職に失敗しやすい人の特徴をご紹介していきます。

ご自身に該当する項目がないかチェックしてみてくださいね。

 

【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴1】情報収集を怠る人

転職に失敗しやすい人の特徴1つ目は『情報収集を怠る人』です。

転職活動において情報は大事。必ず情報収集をしなくてはいけません。

それなのに、転職する人の中には「早く転職したい!」と焦り、しっかりと情報収集をしないまま企業を決め、失敗する人が数多くいます。

情報収集はとても面倒な作業ですが、転職に失敗しないためにも必ず行いましょう。

失敗する人が続出中!?保育士の転職で失敗する原因と対策方法」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴2】一人で何もかもやろうとする人

転職に失敗しやすい人の特徴2つ目は『一人で何もかもやろうとする人』です。

転職活動は一人で行えます。しかし何もかも一人でやることは非常に労力がいります。

そのため、一人で何もかもやろうとすると「待遇面で見落としている点があった」「保育園選びに失敗した」というような事態が考えられます。

転職活動は一人で行わず、必ず誰かにサポートしてもらいましょう。

 

【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴3】人の話に耳を傾けない人

【保育士の転職|失敗しやすい人の特徴3】人の話に耳を傾けない人

転職に失敗しやすい人の特徴3つ目は『人の話に耳を傾けない人』です。

人の意見で行動することはいけません。

しかし、人の意見に耳を傾けないことはもっといけません。

ご両親や友人はあなたのためを思って「良きアドバイス」をしてくれる場合もあります。

ですから、少しは人の話に耳を傾けましょう。

もしかしたら、他人のアドバイスによって失敗を防げるかもしれませんよ。

保育士の転職に失敗する理由とは?転職を失敗しないための対策と注意点を解説」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴4】転職理由が明確でない人

転職に失敗しやすい人の特徴4つ目は『転職理由が明確でない人』です。

自己分析があまく「なぜ転職をしたいのか」が明確でない人は転職に失敗しやすいです。

転職する際は「どうして転職したいのか」「どんな状態になれば転職成功なのか」をしっかりと考えてから行動しましょう。

保育士の転職で失敗する3つの理由」でも同様のことを述べておりますよ。

 

【保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴5】保育園選びの基準が曖昧な人

転職に失敗しやすい人の特徴5つ目は『保育園選びの基準が曖昧な人』です。

転職で失敗しないためには、あらかじめ「保育園選びの軸」を決めておき、転職先の園で実現できるかを確かめておくことが大切です。

何も決めず、ただ求人情報をチェックするのはいけません。転職する際は「保育園選びの軸」を明確にしてから応募しましょう。

保育士が転職先選びで失敗する5つの理由!成功させるには?」でも同様のことを述べております。

 

 

保育士の転職相談|失敗しないための対策7つ

保育士の転職|失敗しないための対策7つ

ここからは、転職で失敗しないための対策を7つご紹介します。

転職を検討している方は、ぜひこの内容を参考にしてくださいね。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策1】口コミサイトなどを活用すること

転職で失敗しないための対策1つ目は『口コミサイトなどを活用すること』です。

転職に関する「Webサイト」に掲載されている口コミは大いに役立ちます。

たとえば、口コミサイトで残業や業務量に対する意見が多い場合は、面接時に「残業は月平均どのくらいなのか」「業務量はどのくらいあるのか」などと質問してもよいでしょう。

口コミサイトをうまく活用して転職の失敗を防ぎましょう。

保育士の転職失敗する理由とは?転職成功の秘訣」でも口コミサイトの活用をおすすめしておりますよ。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策2】徹底的に情報収集すること

転職で失敗しないための対策2つ目は『徹底的に情報収集すること』です。

自分に合った保育園を見つけるためには「求人検索」や「企業研究」などの情報収集が必須。

「求人票の情報だけ見てなんとなく応募した」では情報収集が足りず後悔することになるかもしれません。

転職活動を行う際は求人情報を見るだけでなく「企業紹介ページ(経営理念や沿革)」「企業採用サイト」「社員インタビュー記事」「会社四季報」「会社のSNSやスタッフブログ」にも目を通しましょう。

そうすることで、社風や職場の雰囲気、人間関係などを感じ取ることができますよ。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策3】職場見学すること

【保育士の転職|失敗しないための対策3】職場見学すること

転職で失敗しないための対策3つ目は『職場見学すること』です。

応募先の保育園で職場見学ができる場合は、思い切って見学しましょう。

職場見学をすれば保育園の雰囲気だけでなく「園長や同僚の人柄」も知ることができます。

なお、職場見学では給与や勤務時間など、自身が知りたい点について採用担当者に質問するのもいいかもしれませんね。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策4】他の保育園と条件を比べてみること

転職で失敗しないための対策4つ目は『他の保育園と条件を比べてみること』です。

他の保育園と比較して好条件すぎる場合、仕事量が多かったり、無理な時間外労働を強いられたりする可能性があります。

そのため、求人探しをする際は必ず他の保育園と比較して検討しましょう。

あなたの保育士転職は失敗する?!辞めたい8つの理由と4つの不安」でも同様のことを述べておりますよ。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策5】提示給与の中身を確認すること

転職で失敗しないための対策5つ目は『提示給与の中身を確認すること』です。

賃金の内訳や昇給制度、賞与、交通費など、実際に「自身に支払われる給与の中身」を把握しておくことも重要です。

入社してから「求人広告の内容」と「実際の労働条件」が異なることに気づくこともありますので、転職する際は求人情報を隈なくチェックしておきましょう。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策6】募集期間を確認すること

【保育士の転職|失敗しないための対策6】募集期間を確認すること

転職で失敗しないための対策6つ目は『募集期間を確認すること』です。

離職率が高かったり、大量に退職者が出ることを想定していたりする場合、求人情報を長期間(もしくは頻繁に)出しています。

このような保育園は労働環境が悪い可能性があります。求人探しをする際は企業情報だけでなく、募集期間も確認しましょう。

長期的に求人情報が出ている企業にはくれぐれも注意してくださいね。

 

【保育士の転職相談|失敗しないための対策7】サポート役をつけること

転職で失敗しないための対策7つ目は『サポート役をつけること』です。

上述した通り、転職活動は一人で行うものではありません。

なぜなら、一人で転職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。

なので、転職活動には必ずサポート役をつけましょう。

なお、サポート役が見つからない場合は、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。

転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。

さらに転職エージェントのキャリアアドバイザーは、人事担当者のみならず、現場の担当者やトップともパイプを持っていることが多いため、リアルな園の様子や空気について聞くことができますよ。

転職に失敗しないためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

保育士への転職!失敗?成功どうなった?転職した人の感想を紹介」や「なぜ保育士の転職は失敗する?その理由とは」でも転職エージェントの活用をおすすめしております。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の転職の悩み|失敗する理由とは?
保育士の転職相談|失敗しやすい人の特徴5つ
保育士の転職相談|失敗しないための対策7つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む