保育士の転職面接で退職理由を聞かれたらどう伝える?

保育士の転職相談
2022.06.10

前の職場に不満を感じて辞めた場合…。

正直に伝えてもいいの?    

このような悩みにお答えします。

この記事では、保育士への転職を考えている方に向けて『退職理由を伝える時のポイント』をご紹介していきます。

後半部分では「退職理由を聞く目的」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
保育士の転職|退職理由ランキング
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?正直に伝えすぎるのはダメです
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?伝える時のポイント9つ
保育士の転職|どうして退職理由を聞くの?
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?病気や体調不良で辞めた場合
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?家庭の事情で辞めた場合
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?ケース別に解説します
保育士の転職|退職理由がまとまらない方は相談しましょう
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントに相談するメリット9つ
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントを活用して円満退社しましょう
まとめ
 

 

 

保育士の転職|退職理由ランキング

保育士の転職|退職理由ランキング

はじめに「保育士に多い退職理由」をランキング形式でご紹介します。

「こんな理由で退職したけど大丈夫?」と、退職理由に不安を感じている方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

保育士として頑張っている方の中には、同じ様な悩みを抱えて退職をした人が大勢います。

そのため、保育士に多い退職理由を確認すれば「自分もみんなと同じだ!」と安心できると思いますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング1】仕事量が多いから

保育士に多い退職理由1位は『仕事量が多いから』です。保育士の仕事内容は多岐にわたります。

たとえば「保育記録の作成」「行事の準備」「保護者対応」など。

ときには、時間内に作業が終わらず、持ち帰り仕事も発生します。

このようなことから、保育士の中には仕事量の多さに嫌気がさして退職する人がいます。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング2】給与が割に合わないから

保育士に多い退職理由2位は『給与が割に合わないから』です。

厚生労働省の「令和2年度賃金構造基本統計調査」によると、女性保育士の平均給与は248,400円。

一方、男性保育士の平均給与額は273,800円となっております。

男女ともに給与から保険料などを引くと「手取り20万円前後」と非常に低い水準です。

このようなことから、保育士の中には「仕事量の割に給与が安い…」と不満を抱えて退職していく人がいます。

なお、近年は保育士の収入に関する問題が大きく世に伝えられる様になり、少しずつ年収がアップしています。

詳しくは「内閣府のホームぺージ」に記載しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング3】人間関係がうまくいかないから

保育士に多い退職理由3位は『人間関係がうまくいかないから』です。

保育士は多くの人と関わりますので、人間関係のトラブルは日常茶飯事。

同僚や上司はもちろんのこと、保護者とのトラブルも多々あります。

そのため、保育士の中には人間関係を理由に退職していく人が大勢います。

人間関係による退職については「保育士の退職理由を紹介しているサイト」でも取り上げておりますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング4】仕事上の責任が重いから

保育士に多い退職理由4位は『仕事上の責任が重いから』です。

保育士の仕事は、安全面での責任が重く気が抜ける瞬間がありません。

自分一人で園児の安全を確保することは大変なプレッシャーです。

そのため、保育士の中には「仕事上の責任が重いすぎる…」と感じて退職する人もいます。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング5】保育方針が合わないから

保育士に多い退職理由5位は『保育方針が合わないから』です。

保育方針は園によって異なります。

たとえば、教育に力を入れる保育園もあれば、運動面に力を入れる保育園など。

園によって特色は大きく変わります。

ですので、保育士の中には「保育方針が合わない」と感じて退職する人も珍しくありません。

保育方針の不一致による退職は「保育士の退職理由を紹介しているサイト」や「保育士の転職理由ランキング」でも取り上げておりますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング6】体力がもたないから

保育士に多い退職理由6位は『体力がもたないから』です。

保育士は体が資本。子供を見守るだけでなく、おんぶしたり、抱っこしたりする場面も数多くあります。

ですので、保育士の中には体力を理由に退職していく人も珍しくありません。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング7】保育の仕事に向いてないと感じる

保育士に多い退職理由7位は『保育の仕事に向いてないと感じる』です。

保育士の中には「自分には保育士の適性がない…」と感じて辞めていく人がいます。

特に、子供に怪我をさせてしまったり、保護者のクレームを招いてしまったりすると「自分は保育士に向いていない…」と思ってしまうことがあるそうです。

保育士は専門職なので経験を積めば積むほど力がついてきます。

ですので、自分には保育士の適性がないと速断せず、根気強く続けてみましょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング8】休みにくいから

保育士に多い退職理由8位は『休みにくいから』です。

保育士をしている以上、どうしても休めない日はたくさんあります。

そのため、保育士の中には「プライベートの時間を確保できない…」と感じて退職する人も珍しくありません。

休みをとりにくいと悩んでいる方は「契約社員」や「派遣保育士」など、働き方を少し変えることで休みの申請がしやすくなることもありますので、まずは上司に相談してみるといいでしょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由ランキング9】結婚や出産

保育士に多い退職理由9位は『結婚や出産』です。結婚や出産は人生の大きな転換期。

これからの人生を改めて考え直す時期であり、退職を考えるのに適していると言えます。

そのため、これらのイベントを機に退職する保育士は結構な割合でいます。

なお、保育士は常に人手不足が叫ばれる職業のため、ブランクがあっても復帰しやすいと言われています。

ですので、復帰を希望する方は「ブランクがあるから無理かも…」と不安にならず、自信をもって応募しましょう。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?正直に伝えすぎるのはダメです

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?正直に伝えすぎるのはダメです

前の職場に不満を感じて辞めた場合は、退職理由をそのまま伝えないほうがいいでしょう。

誠実な人柄をアピールしようと正直に伝えてしまう方もいますが、プラスの印象に繋がらない可能性が高いです。

「給料が安かった」「保護者と喧嘩した」と面接で言ってしまったら、確実に印象は悪くなってしまいます。

退職理由を伝える際は「面接官がどう感じるのか」を考え、工夫して伝えましょう。

保育士の退職理由を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?伝える時のポイント9つ

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?伝える時のポイント9つ

ここからは、退職理由を伝える時のポイントを9つご紹介します。

退職理由は以下のポイントを意識して伝えましょう。

なお、退職理由を職務経歴書・履歴書に書く際のポイントについては「どう書くべき?職務経歴書・履歴書の退職理由」をご覧ください。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方1】ポジティブに話す

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント1つ目は『ポジティブに話す』です。

退職理由の多くは「ネガティブな理由」が含まれております。

ですので、退職理由は伝え方を工夫して、ポジティブに伝えましょう。

それだけで、退職理由の印象が大きく変わりますよ。

保育士の転職面接について解説しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方2】余計なことは話さない

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント2つ目は『余計なことは話さない』です。

嘘の退職理由を伝えることはいけません。しかし言わないことは大丈夫です。

決して悪いことではありません。

もちろん、聞かれた際には答える必要がありますが、そうでない限り余計なことは言わないほうがいいでしょう。

余計なことを言うと、面接官の心象を損ねる可能性がありますので、ご注意ください。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方3】愚痴や悪口を言わない

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント3つ目は『愚痴や悪口を言わない』です。

保育士の転職面接で愚痴や悪口を言うことはNG。

たとえ相手が悪くても面接官には関係ありません。

「愚痴や悪口を言う人」は面接官に悪い印象を与えるだけです。

退職理由では「愚痴や悪口」を言わないようにしましょう。

保育士の退職理由を紹介しているサイト」や「保育士向けに退職理由の伝え方を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方4】行動や努力を伝える

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方4】行動や努力を伝える

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント4つ目は『行動や努力を伝える』です。

退職理由とは「前職で何かしらの希望が叶わなかったこと」を意味します。

なので「その叶わない希望に対して、どう向き合ったのか」が重要。

自分の不満に対して具体的な努力や行動をした人は「改善のために行動できる人」だと思ってもらえる可能性がありますので、積極的に伝えましょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方5】給与に関する話は避ける

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント5つ目は『給与に関する話は避ける』です。

給与に関する話はNGです(お給料がもらえなかった場合を除く)。

退職理由で給与に関する話をすると「お金にうるさい人」と警戒されるかもしれません。

退職理由で給与に関する話はやめておきましょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方6】嘘をつかない

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント6つ目は『嘘をつかない』です。

退職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。

バレないと思っても入社後にバレる可能性があります。

退職理由で嘘をつくことは絶対にやめておきましょう。

保育士の退職理由を紹介しているサイト」や「保育士向けに退職理由の伝え方を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方7】退職理由を曖昧にしない

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント7つ目は『退職理由を曖昧にしない』です。

退職理由を言いたくないからといって、はっきりとした回答をしないのはいけません。

曖昧に質問をかわそうとしても面接官の心象を損ねるだけです。

退職理由を聞かれた際は具体的に伝えましょう。

保育士の退職理由を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方8】簡潔に話す

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント8つ目は『簡潔に話す』です。

自分のことを良く見せたいからといって、退職理由をダラダラと話すのはNG。

面接官に「何かごまかしているのでは?」と勘違いされる恐れがあります。

細かく説明したい気持ちはわかりますが、退職理由を伝える際はあくまで簡潔に。

かつ、具体的に説明するようにしましょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|退職理由の伝え方9】言い訳をしない

保育士の転職面接で退職理由を伝える時のポイント9つ目は『言い訳をしない』です。

面接官は退職理由を聞いて「素直さ」があるかを見ています。

ですので、退職理由を伝える際に「言い訳をすること」はNG。

余計なことを言って面接官の心象を損ねないように気をつけましょう。

 

 

保育士の転職|どうして退職理由を聞くの?

保育士の転職|どうして退職理由を聞くの?

面接官はなぜ退職理由を聞くのでしょうか。

ここでは、面接官が退職理由を聞く目的をご紹介します。

退職理由の伝え方で失敗しないためにも質問の意図を理解しておきましょう。

 

【保育士の転職|退職理由を聞く目的1】短期離職を避けるため

保育士の転職面接で退職理由を聞く目的1つ目は『短期離職を避けるため』です。

面接官は退職理由を聞いて「同じ理由ですぐに辞めてしまわないか」を見ています。

保育園としては、保育士の「採用」や「育成」にかけた時間を無駄にしたくないと考えておりますので、当然のことですね。

 

【保育士の転職|退職理由を聞く目的2】人柄や性格を把握するため

保育士の転職面接で退職理由を聞く目的2つ目は『人柄や性格を把握するため』です。

退職理由は、応募者の人間性が反映されやすい傾向になります。

そのため、面接官は退職理由を聞いて「応募者の人柄や性格」をそれとなく把握しております。

保育士は経験やスキルだけでなく、人間性も問われる仕事です。

いくら経験豊富でも人間性に問題があると判断された場合は採用してもらえませんよ。

 

【保育士の転職|退職理由を聞く目的3】仕事観の確認

保育士の転職面接で退職理由を聞く目的3つ目は『仕事観の確認』です。

あなたが「仕事に対してどう考え」「どのようなことを大切にしているのか」を見ています。

各保育園には、独自の「保育方針」や「保育理念」がありますので、考え方が違うと離職する可能性が高いです。

なので、退職理由から「あなたの仕事観」を知り、マッチするかを確かめています。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?病気や体調不良で辞めた場合

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?病気や体調不良で辞めた場合

病気や体調不良で辞めた場合には、しっかりと事実を打ち明けましょう。

ただし、現在は回復していることを必ず伝えてくださいね。

ストレートに打ち明けるだけではいけません。

病気や体調不良で辞めた場合は「ちゃんと治療をして医師からの了承を得ていること」「今は回復していること」などをしっかりと伝えましょう。

なお「今後は頑張りたいと思っています!」とアピールすることもお忘れなく。

保育士向けに退職理由の伝え方を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?家庭の事情で辞めた場合

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?家庭の事情で辞めた場合

近年「親の介護」や「家業を手伝う」といった家庭の事情で退職する方が増えております。

家庭の事情は致し方ありませんので、隠さずにしっかりと説明しましょう。

なお、その際に「現在は親の介護が必要ないこと」「家業を手伝わなくていいこと」まで伝えてくださいね。

親の介護による退職については「保育士の退職理由を紹介しているサイト」でも取り上げておりますので、気になる方はご覧ください。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?ケース別に解説します

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?ケース別に解説します

続きましては、退職理由のケース別に伝え方を解説します。

「保育士に多い退職理由」を中心に解説していきますね。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|ケース別に解説1】仕事量が多い

退職理由が仕事量の場合は、応募先で効率化していることを述べるといいでしょう。

というのも、残業を減らしたいと考えることは悪いことではありません。

むしろ褒められることだと思います。

ですので「残業が多くて嫌だった」とは言わず、応募先の保育園で効率化していることに焦点を当てて伝えましょう。

たとえば「こちらの保育園ではシステムの導入などで効率化を図っていると知りまして…」みたいな感じですね。

なお、仕事量の多さについては「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも取り上げております。

回答例も記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|ケース別に解説2】給与が安い

退職理由が給与に関する場合は、直接的な言い方を避けること。

たとえば「お給料が安かったから転職しました」と聞いて、いい気持ちになる面接官はいません。

退職理由が給与に関する場合は「前の職場にはスキルを評価していただけるシステムがなく、モチベーションの維持が困難だったこと」「仕事量や経験に応じた評価が得られる園で働きたいと思ったこと」などを伝えるといいでしょう。

なお、給与の件については「保育士の退職理由を紹介しているサイト」でも取り上げております。

回答例も記載しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|ケース別に解説3】人間関係

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|ケース別に解説3】人間関係

退職理由が人間関係に関する場合は、ポジティブな言い方に変換すること。

なぜなら、人間関係について話した場合、前職の「愚痴」や「不満」に発展する可能性があるからです。

なので、人間関係の理由を話す場合は、ポジティブな言い方に変換しましょう。

たとえば、前の保育園で人間関係がギクシャクしていた場合は「アットホームな職場で働きたいと思いまして…」みたいな感じですね。

なお、人間関係については「保育士向けに退職理由の伝え方を紹介しているサイト」でも取り上げております。

回答例も記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|ケース別に解説4】保育方針

退職理由が保育方針に関する場合は、否定した言い方は避けること。

保育方針の違いは、大概にしてマイナスな印象を与えてしまいます。

また、気づかないうちに前職の方針を否定してしまう可能性もあります。

ですから、保育方針が原因で退職した場合は、前の職場を否定しないように気をつけましょう。

保育方針の不一致については「保育士の転職理由ランキング!」でも取り上げております。

回答例も記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

 

保育士の転職|退職理由がまとまらない方は相談しましょう

保育士の転職|退職理由がまとまらない方は相談しましょう

退職理由がまとまらない方は誰かに相談しましょう。一人で抱え込んではいけません。

といっても、近しい人に話すことは勇気がいります。

ですので、まずは第三者に話してみることをおすすめします。

第三者に相談すると、客観的なアドバイスをもらえますよ。

なお、相談できる第三者が思い当たらない方には「転職エージェント」への相談をおすすめします。

転職エージェントを活用すれば退職に関する相談だけでなく「転職に関するアドバイス」もしてくれますよ。

ぜひ、この機会にご活用ください。

保育士の退職理由を紹介しているサイト」や「保育士向けに退職理由の伝え方を紹介しているサイト」でも転職エージェントへの相談をおすすめしております。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントに相談するメリット9つ

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントに相談するメリット9つ

転職エージェントに相談すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、転職エージェントに相談するメリットをご紹介していきます。

「転職活動に不安がある」「退職理由の伝え方がわからない」という方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット1】転職に関わることなら何でも相談できる

転職エージェントに相談するメリット1つ目は『転職に関わることなら何でも相談できる』です。

転職エージェントは、転職に関わることなら何でも相談できる存在です。

たとえば「どのような経験をアピールすればいいのか」「どのような志望動機にすれば好印象を与えられるのか」など、様々な客観的アドバイスをもらうことができますよ。

転職活動に不安のある方は、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット2】保育園との調整を担当してくれる

転職エージェントに相談するメリット2つ目は『保育園との調整を担当してくれる』です。

転職エージェントに自分の「希望」や「条件」を伝えるとマッチする求人を紹介してくれます。

そのため、転職活動にかかる手間や時間を大幅に減らすことができます。

また、その他にも、面接日程などのスケジュール管理をしてくれたり、企業とのやりとりを代行してくれたりなど、企業との調整を担当してくれます。

ですので、転職エージェントを活用すれば、転職活動をラクに進めることができますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット3】条件交渉を代行してくれる

転職エージェントに相談するメリット3つ目は『条件交渉を代行してくれる』です。

転職エージェントは転職に関する相談だけでなく、条件交渉も行ってくれます。

転職エージェントが間に入ってくれることで、直接は言いづらい「年収」や「入社日の調整」などを、スムーズに行うことができますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット4】非公開の求人情報を紹介してくれる

転職エージェントに相談するメリット4つ目は『非公開の求人情報を紹介してくれる』です。

転職エージェントは、通常の求人サイトなどでも募集される一般求人に加え、一般には公開されていない「非公開求人」を豊富に取り扱っております。

そのため、一人で転職活動をするよりも「自分にマッチする仕事」が見つかりやすいです。

非公開求人に応募できることは、転職エージェントを利用するメリットだと言えるでしょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット5】採用される人材の傾向を把握している

転職エージェントに相談するメリット5つ目は『採用される人材の傾向を把握している』です。

転職エージェントは応募先の詳細な情報を持っています。

「どういう人材が活躍できるのか」「どういうスキルが必要なのか」など、応募先が求めている人材の傾向までも理解しております。

そのため、転職エージェントを活用すれば、理想に叶う求人を紹介してくれますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット6】内部情報を事前に入手できる

転職エージェントに相談するメリット6つ目は『内部情報を事前に入手できる』です。

転職エージェントは、保育園の「人事担当者」や「トップ」とパイプを持っていることがあります。

そのため、リアルな園の様子や空気について聞くことができますよ。

事前に保育園の様子がわかれば、ミスマッチを防ぐことができますので、転職エージェントを活用するメリットだと言えるでしょう。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット7】過去のデータを活かしたアドバイスが受けられる

転職エージェントに相談するメリット7つ目は『過去のデータを活かしたアドバイスが受けられる』です。

転職エージェントでは過去に面接を受けた方のデータが集められています。

内定を受けられなかった方に対しても応募先からのフィードバックを受けていますので「何が悪かったのか」という情報も収集しています。

そのため、過去のデータを基に「最適な受け答えの仕方」や「注意するポイント」など、細かくアドバイスしてくれますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット8】面接の通過率が高くなる

転職エージェントに相談するメリット8つ目は『面接の通過率が高くなる』です。

転職エージェントでは、面接前に面接対策を行ってくれます。

企業の採用担当者の注目点や、過去の合格者の傾向なども把握した上での面接対策ですから、自分でやるよりは遥かに効率良く、ポイントを押さえた準備ができます。

そのため、転職エージェントをすれば面接の通過率が格段に高くなりますよ。

 

【保育士への転職に悩みや不安を抱えている方必見|エージェントに相談するメリット9】履歴書や職務経歴書のクオリティが上がる

転職エージェントに相談するメリット9つ目は『履歴書や職務経歴書のクオリティが上がる』です。

転職エージェントは「履歴書」や「職務経歴書」の作成を手伝ってくれます。

基本的な書き方はもちろん「どんな内容にすればいいのか」「どんなことを書くと採用担当者の目に留まるのか」など、細かくアドバイスをくれます。

転職エージェントを活用すれば、書類審査に通りやすい書類を簡単に作成することができますよ。

 

 

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントを活用して円満退社しましょう

保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントを活用して円満退社しましょう

保育士を続けながら転職活動をしている人にとって、退社準備をどのように進めるかは頭の痛い問題です。

「入社日」と「退職日」の折り合いがつかなかったり、予想しなかった引止めにあったりと、トラブルが発生することもあります。

転職エージェントを活用していると、このような退職トラブルに関しても相談に乗ってくれますので、円満に退社したい方は一人で悩まず、転職エージェントに相談しましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の転職|退職理由ランキング
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?正直に伝えすぎるのはダメです
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?伝える時のポイント9つ
保育士の転職|どうして退職理由を聞くの?
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?病気や体調不良で辞めた場合
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?家庭の事情で辞めた場合
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?ケース別に解説します
保育士の転職|退職理由がまとまらない方は相談しましょう
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントに相談するメリット9つ
保育士の転職面接で退職理由を聞かれたら?エージェントを活用して円満退社しましょう

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

関連保育士求人

RELATION JOB

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む