練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報をご紹介   

保育士転職のおすすめ情報
2022.05.03

労働環境が悪いから…。

他の保育園に転職したい。

このように考えている保育士さんはいませんか?

保育士の仕事はハードなことで有名。

「人間関係が難しい…」「残業が多い…」「給料が安い…」など、大変なことを挙げるとキリがありません。

これではいくら子供好きでも続けることは困難でしょう。

しかし、諦めるのはまだ早い!

ここ数年、働き方改革が進み、保育士の労働環境はずいぶんと変わりました。

ですから、保育園によっては保育士さんが働きやすいところも存在します。

ということで、今回は練馬区の保育士さんに向けて『転職に役立つ情報』をご紹介していきたいと思います。

この記事では「保育士支援制度」や「転職に役立つ求人情報」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。【目次】
練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ
【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと1】保育所待機児童ゼロ作戦
【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】練馬こども園を創設
【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3】待機児童数ゼロを達成
練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ
【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度1】家賃補助制度
【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】保育所の入所をサポート
【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度3】研修を開催してサポート
練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報1】練馬区の保育施設数
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報2】全国の保育園数と比較しても多い
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報4】練馬区の求人数
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報5】練馬区の有効求人倍率
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報7】練馬区職員の募集
練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1】月給30万円以上
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報3】賞与4ヶ月以上
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報5】年休120日以上
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報7】主任
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】基本的に土日休み
【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9】未経験OK
まとめ

練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ

練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ

転職に役立つ情報の前に、まずは「練馬区の保育に関する取り組み」を3つご紹介します。

練馬区の取り組みを知れば、保育士がどれだけ重宝されているかわかります。

そして、保育士が「いかに社会に貢献しているのか」ということを実感できると思いますよ。

 

【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと1】保育所待機児童ゼロ作戦

2014年、練馬区は待機児童数が487人に到達。

深刻な待機児童問題を抱えておりました。

練馬区はこの事態を受け、区独自の政策「保育所待機児童ゼロ作戦」を考案。

待機児童の解消に向けて、本格的に動き始めました。

 

【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】練馬こども園を創設

【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと2】練馬こども園を創設

2016年、練馬区は幼保一元化施設である「練馬こども園」を創設。

さらに、保育園の新規整備・定員拡大を積極的に推進し、2018年までに定員数を700人増やすと発表しました。

その結果、待機児童数が徐々に減少。少しずつ効果が表れはじめました。

練馬こども園については詳しく知りたい方は練馬区役所のホームページをご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3】待機児童数ゼロを達成

練馬区は、これまでの取り組みにより、7年間で7,159人の定員増を実現。

2021年度に、ようやく、待機児童数ゼロを達成しました。(国要領にもとづく算定基準)

さらに、保育士が働きやすい環境づくりにも尽力。

現在は、様々な保育士支援制度が導入されております。

ですから、練馬区は保育士さんにとってメリットがたくさんあります。

詳しくは次の項目でご紹介しますね。

 

練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ

練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ

 

続きましては、転職を考えている方が知っておくべき「練馬区の保育士支援制度」を3つご紹介します。

求人情報を探す際は、この内容を参考にして探してくださいね。

 

【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度1】家賃補助制度

練馬区では、意欲のある保育士への就労を後押しするために、様々な支援制度を実施しております。

その中の一つが「保育従事職員宿舎借り上げ支援事業補助」。

こちらは、保育事業者が借り上げる「職員宿舎の家賃」を練馬区が補助する制度。

つまり、保育園が借りている物件に保育士が住むと「家賃を補助しますよ!」ってことです。

ちなみに、家賃補助の上限は8万2,000円。

支給条件は、補助金対象の保育園に常勤職員として就職することになります。

なお、補助の金額や条件は、転職先の保育施設によって異なります。

これから転職を検討されている保育士さんは、その点を踏まえて求人情報をチェックしてくださいね。

家賃補助制度について詳しく知りたい方は「練馬区が発表している補助金交付要綱」をご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】保育所の入所をサポート

【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度2】保育所の入所をサポート

練馬区では、保育士のお子さんに対して「保育所の入所サポート」を行なっております。

具体的には、お子さんが認可保育施設等への入所利用調整時に配慮(指数の加点)を行っているそうです。

つまり「保育士のお子さんは、保育所に入りやすくします!」ってことですね。

制度の詳細については「練馬区保育課入園相談係(03-5984-5848)」でご説明しておりますので、お問い合わせください。

 

【練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべき支援制度3】研修を開催してサポート

練馬区では、保育士さんをサポートするため様々な研修を実施。

就職後も学べる環境を整えております。

ですから、実際に働いてみて、不安を感じても大丈夫。

区の職員がしっかりとサポートしてくれますよ。

研修は練馬区の保育課が主催しておりますので、詳しく知りたい方は「練馬区の保育課」にお問い合わせくださいね。

 

練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ

練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ

 

さて、ここからは転職に役立つ情報を7つご紹介していきます。

転職を考えている保育士さんは、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報1】練馬区の保育施設数

はじめに「練馬区の保育園数」をご紹介します。

練馬区の認可保育施設は、2021年9月時点で244園。

内訳としては、私立保育園が136園、区立保育園が60園、地域型保育事業(小規模保育事業・家庭的保育事業・事業所内保育事業・居宅訪問型保育事業)が48園となっております。

この数は東京23区で見ても上位に入る多さ。

ですから、練馬区は転職を考えている保育士にとって選択肢が豊富だと言えるでしょう。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報2】全国の保育園数と比較しても多い

練馬区は全国的に見ても、保育園数が豊富です。

たとえば、私立保育園に関しては、815市区中15位。(全国792市と東京23区の合計です)

公立保育園に関しては、815市区中7位となっております。

以上のことからわかる通り、練馬区は全国的に見ても、転職先が豊富。

これから、転職を考えている練馬区在住の保育士さんは、このことを踏まえおいてくださいね。

そうすれば、精神的にゆとりをもって転職活動ができると思いますよ。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報3】認可外保育園も含めると選択肢拡大

練馬区は認可保育施設だけでなく、認可外保育施設の数も豊富。

認証保育園も含めると、49ヶ所の認可外保育施設が存在します。

さらに、保育園以外にも練馬区には児童館や学童クラブ、子育てのひろばなど保育士資格を活かして働ける施設が複数あります。

ですから、「もう保育園は嫌だ!」という保育士さんもご安心ください。

保育士資格を活かせば、保育園以外でも転職できますよ。

なお、認可保育園と認可外保育園の違いを簡単に説明すると、以下の通りです。

 

<練馬区の保育士必見!認可保育園とは?>

認可保育園とは、児童福祉法に定められた基準を満たし、国から認可されている保育園のこと。

保育される人数に対して、保育士の人数や、施設の面積などが法律によって決められています。

 

<練馬区の保育士必見!認可外保育園とは?>

認可外保育園とは、認可保育園以外の保育園のこと。

認可外は国の認可基準を満たしていないだけであり、各都道府県で定めている基準に基づいて、知事からの認可を受けています。

ですから、「認可外=ダメ」ということではありません。

気になる方は、「保育士向けの求人サイト」をご覧ください。

認可外保育園の求人はたくさんありますよ。

 

<練馬区の保育士必見!認証保育園とは?>

認可外保育園の中には、認証保育園と呼ばれるものがあります。

認証保育園とは、東京都が自治体として認証した保育施設のこと。

つまり「認可外保育園」の中で、東京都が独自に定めた基準を満たして認可されれば「認証保育園」になります。

認証保育園について詳しく知りたい方は、「保育士向けに転職情報を解説しているサイト」をご覧ください。

このサイトを見れば、認証保育園のメリット・デメリットまでわかりますよ。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報4】練馬区の求人数

保育士向け求人数を独自に調査した結果、練馬区では約270件ありました。(正社員、パート・アルバイトすべて含む)。

求人のなかには、保育士ではなく、保育補助の募集も存在します。

保育士は「もう疲れた!」って方は保育補助で少し休んでから正社員で働くって選択もありだと思います。

興味のある方は「保育士向けの求人サイト」で、保育補助のお仕事を検索してみてくださいね。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報5】練馬区の有効求人倍率

東京都全体における保育士の有効求人倍率は3.09倍。

有効求人数は4,845件となっております。(令和3年7月時点)

有効求人数4,845件を23区で割ると、約210件。(東京都26市、5町、8村は省いております)

練馬区の求人数は約270件なので、平均より多いと言えるでしょう。

有効求人倍率について、もっと詳しく知りたい方は「厚生労働省のホームページ」をご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報6】保育士の平均給与

練馬区の保育士向け求人をもとに、平均月給を調べてみました。

その結果、保育士の平均月給は約22万円。

平均年間給与は約352万円となりました。(平均年間給与額はボーナス(賞与)4か月分が加算されたと想定)

厚生労働省が発表している「令和2年度賃金構造基本統計調査」をもとに、東京都の保育士平均給与と比較してみましょう。

 

<女性保育士の平均給与>

きまって支給する現金給与額    248,400円 

年間賞与、その他特別給与額    748,900円    

女性保育士の平均年収    3,729,700円

 

<男性保育士の平均給与>

きまって支給する現金給与額    273,800円    

年間賞与、その他特別給与額    722,500円    

男性保育士の平均年収    4,008,100円

こうやって比較してみると、練馬区の保育士平均給与は、東京都の平均よりやや低め。

少し物足りなさを感じると思います。

しかし、練馬区は上述した通り、家賃補助をはじめとする様々な保育士支援制度がございます。

ですから、実際には額面給与以上の豊かな暮らしを送ることができるでしょう。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報7】練馬区職員の募集

2018年、練馬区は福祉2類(保育士、児童指導、福祉)の職員を募集。

保育士の確保に力を入れておりました。

福祉2類に採用されると、練馬区の職員として、福祉園・心身障害者福祉センター・児童館・学童クラブなどで勤務することになります。

残念ながら2018年以降は、職員の募集を行なっておりません。

しかし保育士不足が進むと再度、募集をする可能性があります。

ですから、練馬区職員に興味のある方は「練馬区のホームページ」をこまめにチェックするといいでしょう。

 

練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

 

ここからは、求人情報を交えて転職に役立つことを9つご紹介していきます。

この内容を参考にして、転職活動に励んでくださいね。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1】月給30万円以上

練馬区の保育士向け求人をもとに、月給30万円以上の求人を調べてみました。

その結果、約5件の求人がヒット。

ほとんどが「園長」や「主任」クラスの応募となっておりました。

求人のなかには園長未経験でも応募可能となっている案件もございますので、興味のある方はぜひご覧くださいね。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>マリー保育園富士見台

マリー保育園富士見台は、練馬区富士見台にある「定員数19名」の保育園。

定期的に外国人講師を呼び、英語を使った幼児教育を行っております。

マリー保育園富士見台の求人は、月給30万円からスタート。募集職種は園長候補となっております。

保育士資格さえあれば、園長経験がなくても応募できますよ。

詳しくは「マリー保育園富士見台」の求人情報に記載しておりますので、チャレンジしたい方はご覧ください。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>ベネッセ上石神井保育園

ベネッセ上石神井保育園は、練馬区上石神井にある「定員数76名」の保育園。

「よりよく生きる力の基礎を育てる」を保育理念とし、子供の主体性と社会性、そして感性を育てる保育を提供しております。

ベネッセ上石神井保育園の求人は、月給37万5千円からスタート。募集職種は園長候補になります。

こちらの保育園は2022年4月開園予定。

ですから、採用された場合はオープニングメンバーになれますよ!

詳しくは「ベネッセ上石神井保育園」の求人情報に記載しておりますので、園長職に興味のある方はご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2】月給20万円以下

練馬区の保育士向け求人をもとに、月給20万円以下の求人を調べてみました。

その結果、約20件の求人がヒット。

こちらは上記の月給30万円以上と異なり、アルバイトや契約社員での募集もありました。

なお、月給は低いですが様々な手当てがつくので、実際の収入は予想より多いと思いますよ。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>茶々おおいずみ保育園

茶々おおいずみ保育園は、練馬区西大泉にある「定員数100名」の保育園。

「よりよく理解しあうことで、世界は変わる」をモットーに保育を行なっております。

茶々おおいずみ保育園の月給は19万8千円からスタート。あとは諸々の手当てが付与されるって感じです。

詳しくは「茶々おおいずみ保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

なお、こちらの求人は正社員の募集ですよ。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>アイル平和台第二小規模保育園

アイル平和台第二小規模保育園は、練馬区春日町にある「定員数16名」の保育園。

少人数の特徴を活かし、子どもたち一人ひとりに寄り添ったきめ細やかな保育を行なっています。

アイル平和台第二小規模保育園の月給は19万5千円からスタート。正社員での募集になります。

詳しくは「アイル平和台第二小規模保育園」の求人情報に記載しておりますので、興味のある方はご覧くださいね。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報3】賞与4ヶ月以上

練馬区の保育士向け求人をもとに、賞与4ヶ月以上の求人を調べてみました。

その結果、約20件の求人がヒット。

正社員での募集が多く見受けられました。

賞与の記載は「4.2ヶ月」や「4.65ヶ月」というように、細かい数字の場合があります。

転職の際はお間違いのないよう、しっかりとチェックしてくださいね。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>南大泉にじのいろ保育園

南大泉にじのいろ保育園は、練馬区南大泉にある「定員数110名」の保育園。

子ども一人ひとりを大切にし、自立心や個性を伸ばしていく保育を行っています。

南大泉にじのいろ保育園の月給は最低でも19万6千円。賞与は「4.2ヶ月」となっております。

詳しくは「南大泉にじのいろ保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

ちなみに、こちらの保育園は開園したばかりなのでとってもきれいですよ。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>練馬和光保育園

練馬和光保育園は、練馬区練馬にある「定員数120名」の保育園。

真宗保育により心豊かで健康な子供たちを育んでおります。

練馬和光保育園の月給は最低でも21万円。賞与は「4.45ヶ月」となっております。

こちらの保育園は、仏教保育が初めての方にも1つ1つ丁寧に教えているので、安心して始められますよ。

詳しくは「練馬和光保育園」の求人情報に記載しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報4】住宅手当て

練馬区の保育士向け求人をもとに、住宅手当てがある求人を調べてみました。

その結果、約60件の求人がヒット。

多くの保育園で住宅手当てが導入されておりました。

求人のなかには、「自己負担9千円でOK」という保育園もありましたよ。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>アスク石神井台保育園

アスク石神井台保育園は、練馬区石神井にある「定員数67名」の保育園。

自然とのふれあいを通じて豊かな感性を伸ばしていく保育を行なっております。

アスク石神井台保育園は、借り上げ社宅に入居した場合「自己負担額1万円」。

さらに「朝食250円」「夕食400円」でいただける食事のサポートまであります。

ですので、仕事終わりに買い物に行ったり、食事の用意をする手間を省くことができますよ。

詳しくは「アスク石神井台保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>みらいく中村2丁目園

みらいく中村2丁目園は、練馬区中村にある「定員数60名」の保育園。

保育業務支援システムの導入し、円滑に保育できる環境を整えております。

みらいく中村2丁目園は借り上げ社宅に入居した場合「自己負担額9千円」。

社宅以外に入居した場合は「上限8万2千円」までの住宅手当てが支払われますよ。

詳しくは「みらいく中村2丁目園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報5】年休120日以上

練馬区の保育士向け求人をもとに、年休120日以上の求人を調べてみました。

その結果、約80件の求人がヒット。

働き方改革の影響なのか、たくさんの求人がありました。

なかには、有給休暇とあわせると年間休日140日以上になる保育園もありましたよ。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報1>太陽の子江古田保育園

太陽の子江古田保育園は、練馬区栄町にある「定員数68名」の保育園。

子供だけでなく、保護者もスタッフも笑顔になれるような保育を目指しております。

太陽の子江古田保育園の年間休日は128日。さらに残業は月5時間程度となっております。

こちらの保育園は、厚⽣労働省より採⽤、継続就業、労働時間等の働き⽅、管理職⽐率、多様なキャリアコースの5項⽬で⾼基準を満たし「えるぼし」最⾼位の評価を得た実績があります。

ですから、非常に働きやすい環境だと言えるでしょう。

詳しくは「太陽の子江古田保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報2>ラフ・クルー大泉保育園

ラフ・クルー大泉保育園は、練馬区東大泉にある「定員数36名」の保育園。

子供の内にある「生きる力」を大切にし、個性や感性を伸ばしていく保育を行なっております。

ラフ・クルー大泉保育園の年間休日は124日。

さらに「入社時5日・入社6ヶ月後5日」の有給休暇が付与されます。

ですので、自分の時間を大切にしたいって方にはぴったりの求人です。

詳しくは「ラフ・クルー大泉保育園」の求人情報に記載しておりますので、ご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報6】男性保育士OK

練馬区の保育士向け求人をもとに、男性保育士OKの求人を調べてみました。

その結果、約110件の求人がヒット。想像以上に多くの求人がありました。

ここ数年、政府は「男女雇用機会均等法」に則り、男女均等な採用選考になるよう、企業に働きかけております。

ですから、保育園もその影響を受け、男性保育士の採用を強化しているのだと思います。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>グローバルキッズ練馬春日町園 

グローバルキッズ浜田山園は、練馬区春日町にある「定員数50名程度」の保育園。

「子ども達の未来のために」という理念のもと、子どもの気持ちを大切にする保育を行っています。

グローバルキッズ練馬春日町園は、サポートスタッフのみんなが一つの「チーム」を組み、保育の仕事を行なっております。

ですから、保育士の仕事に不安を抱えている男性でも、安心して業務に取り組めますよ。

詳しくは「グローバルキッズ練馬春日町園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>アスク大泉学園保育園

アスク大泉学園保育園は、練馬区大泉学園町にある「定員数62名」の保育園。

「すべては子供たちの笑顔のために」というコーポレートメッセージのもと、一人ひとりに心をかけ、成長に合わせた保育を行なっております。

アスク大泉学園保育園は、年間100種類以上の研修があるため、様々な知識を吸収できます。

ですから、保育士経験が浅い男性でも大丈夫。

手厚いサポートのもと、安心して成長できるでしょう。

詳しくは「アスク大泉学園保育園」の求人情報に記載しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報7】主任

練馬区の保育士向け求人をもとに、主任の求人を調べてみました。

その結果、約6件の求人がヒット。すべて正社員での募集です。

園長と主任の仕事内容や役割の違いは、「保育士の転職情報を紹介しているサイト」に掲載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>おはよう保育園関町南

おはよう保育園関町南は、練馬区関町南にある「定員数34名」の保育園。

子供の安全と安心を基本として、成長と個性に応じた多様性のある保育を行なっております。

主任職の求人は月給33万4千円から。(各種手当てを含む)

副主任の場合は、28万9千円からになります。

こちらの保育園は、東証一部上場「東京建物」のグループ法人。

そのため、堅実な経営方針のもと運営を行なっており、働きやすい環境が整っております。

詳しくは「おはよう保育園関町南」の求人情報に記載しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>にじいろ保育園早宮

にじいろ保育園早宮は、練馬区早宮にある「定員数99名」の保育園。

「のびやかに育て、大地の芽」の保育理念のもと、個性と発達の進み方を適確に捉え保育を行なっております。

主任職の求人は月給24万2千円から。応募資格は認可保育園で10年以上の経験がある方となっております。

詳しくは「にじいろ保育園早宮」の求人情報に記載しておりますので、ご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】基本的に土日休み

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報8】基本的に土日休み

練馬区の保育士向け求人をもとに、土日休みの求人を調べてみました。

その結果、約20件の求人がヒット。(月1回は土曜日勤務あり)

こちらは年休120日以上に比べ、少ないように感じました。

やはり「土曜日に子供を預ける方が多いため休めない」。これが保育園の現状なのだと思います。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>さくらさくみらい練馬

さくらさくみらい練馬は、練馬区豊玉北にある「定員数79名」の保育園。

「あわてず個性を伸ばす」を方針に各年齢に合わせ、ひとり一人に寄り添った保育を行なっております。

さくらさくみらい練馬は、完全週休二日制。(月1回は土曜日勤務あり)基本的に、土日は休みになります。

詳しくは「さくらさくみらい練馬」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>練馬区立東大泉第ニ保育園

練馬区立東大泉第ニ保育園は、練馬区東大泉にある「定員数128名」の保育園。

ひとり一人の興味や関心を大切にし、その子があそびこめることを大事にする保育を行なっております。

練馬区立東大泉第ニ保育園は、上記と同様に完全週休二日制。

そのため、土日に予定がある方でも安心して働くことができますよ。

詳しくは「練馬区立東大泉第ニ保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

※完全週休2日制と週休2日制の違いについて知りたい方は、「転職者向けに解説しているサイト」がありますので、こちらをご覧ください。

 

【練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9】未経験OK

練馬区の保育士向け求人をもとに、未経験OKの求人を調べてみました。

その結果、約90件の求人がヒット。パートだけでなく、正社員でも募集もいくつかありました。

なかには、資格がなくても正社員に応募できる求人もありますので、意欲のある方はトライしてみるといいでしょう。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人1>ウィズブック保育園新江古田

ウィズブック保育園新江古田は、練馬区豊玉北にある「定員数19名」の保育園。

独自開発のWithBookプログラムを取り入れ、「子どもにとっての最善は何か?」を考え続ける方針の保育を行なっております。

こちらの保育園は、保育士資格の取得見込みでも応募可能です。

まだ資格はないけど、正社員として働きたい方は応募してみるといいでしょう。

詳しくは「ウィズブック保育園新江古田」の求人情報に記載しておりますので、ご覧ください。

 

<練馬区の保育士必見!転職に役立つ保育補助の求人2>ピジョンランド上石神井保育園

ピジョンランド上石神井保育園は、練馬区上石神井にある「定員数80名」の保育園。

「赤ちゃんとそのご家族を幸せにする」という理念のもと、保育を行なっております。

こちらの保育園も上記と同様に、保育士資格の取得見込みでも応募可能です。(取得見込みの学生OK)

詳しくは「ピジョンランド上石神井保育園」の求人情報に記載しておりますので、気になる方はご覧くださいね。

 

練馬区に転職を考える保育士の方におすすめの補助制度とは?

練馬区で転職を考える保育士の皆さんに朗報です!

練馬区では保育士確保事業の一環として、練馬区内で働かれる保育士の方に借り上げ社宅制度を提供しています

補助金額は最大月82000円とかなりの金額、年間では100万円近い補助が受けられるんです

練馬区ではこの他にも保育士確保事業として、練馬区で保育士としてキャリアを始めたい保育学生向けに就職説明会を行うなど、積極的な取り組みをやっているのが特徴です。

練馬区の保育士確保事業の紹介ページでより詳しい情報が見れますので、是非チェックしてみてくださいね。

 

まとめ

 

では、これまでの内容をまとめますと

練馬区の保育士必見!転職情報の前に伝えたいこと3つ
練馬区の保育士必見!転職者が知っておくべきこと3つ
練馬区の保育士必見!転職に役立つ情報7つ
練馬区の保育士必見!転職に役立つ求人情報9つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

関連保育士求人

RELATION JOB

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む