保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめします

保育士から異業種へのおすすめ
2022.06.10

保育士を辞めて異業種に転職したいけど…。 

何がしたいのかわからない。

このような方には「アパレル店員」をおすすめします。

アパレル店員とは、百貨店や専門店で洋服を売る仕事。

お客さまと接することが主な業務となるため、保育士で培ってきたコミュニケーション能力を活かせます。

そのため、保育士から異業種に転職した方にはアパレル店員をおすすめします。

とはいっても、誰でもアパレル店員に転職できるとは限りません。

なぜなら、アパレル企業によっては「専門知識」や「専門スキル」を求められるからです。

近年はアパレル店員に求められる能力が上がってきておりますので、転職をご検討される際はしっかりと準備・対策をしましょう。

この記事では、保育士からアパレル店員への転職を目指す方に向けて「アパレル店員の仕事内容」や「必要なスキル」をご紹介していきます。

後半では、保育士からアパレル店員に転職する「アパレル店員に向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。


【目次】
保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする前に
保育士から異業種への転職!子供服ブランドのアパレル店員がおすすめです
保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由について
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容をご紹介します
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと3つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル3選
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル3選
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格3選
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴5つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット3つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット3つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!転職エージェントに相談しましょう
まとめ

 

保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする前に

保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする前に

はじめにアパレル店員についてご説明します。

アパレル店員とは、アパレルショップで洋服を売る販売員のこと。

来店したお客さまの要望やニーズをさぐりながら「商品説明」や「会計」を担当します。

アパレル店員に必要な資格はありません。また、一部の大手アパレル企業以外は学歴も問われません。

そのため、未経験からでもチャレンジしやすい職種となっております。

アパレル店員にご興味のある保育士は「私にアパレル店員は無理かも…」と決めつけず、自信を持って応募しましょう。

※アパレルとは英語の古語に由来した「衣類」を表す言葉です。

布で作られた「既製服(きせいふく)」を意味することが多く、主にお店に並んで売られている衣料品のことを指します。

 

保育士から異業種への転職!子供服ブランドのアパレル店員がおすすめです

保育士から異業種への転職!子供服ブランドのアパレル店員がおすすめです

保育士の経験をアパレル店員でより活かすのなら、子供服ブランドがおすすめです。

子供服ブランドであれば「子供の年齢に応じた服装を勧められる」「子供服についてのアドバイスができる」など、子供に関する知識を存分に活かすことができます。

保育士経験をより活かしたい方は、子供服ブランドを扱っている企業に転職するといいでしょう。

保育士向けにアパレル店員の仕事内容を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

 

保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由について

保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由について

続きましては、保育士から異業種への転職を考えている方に向けて『アパレル店員をおすすめする理由』をご紹介しますね。

 

【保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由1】コミュニケーション能力を活かせるから

アパレル店員をおすすめする理由1つ目は『コミュニケーション能力を活かせるから』です。

冒頭で述べた通り、アパレル店員はお客さまと接することが主な仕事です。

そのため、保育士で培ってきた「コミュニケーション能力」を存分に活かすことができます。

保育士からアパレル店員に転職し、即戦力として活躍することも不可能ではありませんよ。

保育士向けに転職サイトを紹介している記事」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由2】壁面制作や小物作りの経験が役に立つから

アパレル店員は接客だけでなく、ディスプレイ調整も仕事のひとつ。

配置物や色彩のバランスを見たり、場合によっては演出のための小道具を組み立てたりもします。

そのため、保育士が日常的に行ってきた「壁面制作」や「小物作り」の経験が大いに役立ちます。

ディスプレイ調整は、お客さまがゆっくりと買い物を楽しめる雰囲気づくりと、商品をより良く見せるような演出をする役割がありますので、内装づくりが上手い方は重宝されますよ。

 

【保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由3】未経験者歓迎の求人がたくさんあるから

アパレル店員をおすすめする理由3つ目は『未経験者歓迎の求人がたくさんあるから』です。

アパレル店員は取り組みやすい業務が多いため、未経験からでも挑戦しやすい職種です。

もちろん、アパレル企業によっては一定レベルの能力を求められる場合もありますが、基本的には不要です。多くの企業が未経験者を積極的に募集しておりますよ。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容をご紹介します

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容をご紹介します

ここからは、アパレル店員の仕事内容をご紹介します。細かい点は、働く企業の規模や体制によって異なります。

ですから、アパレル店員全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容1】接客

アパレル店員の仕事1つ目は『接客』です。

接客業務は、主に「お客さまへの商品説明」「コーディネートの提案」「試着室への案内」などを行います。

接客では、自分の好みを押し付けるのではなく、お客さまが気に入るコーディネートを提案していくことがポイントです。

アパレル店員として活躍したい方は、商品知識に加え「コーディネートに関する知識」も身につけておくといいでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容2】レジ打ち

アパレル店員の仕事2つ目は『レジ打ち』です。接客に慣れてくると、レジ打ちを任されます。

レジ打ちはお客さまをお待たせしないスピードと、操作ミスや現金の数え間違いをしない正確さが求められます。

近年は無人レジも増えてきておりますが、いまだにスタッフが行っている店舗も数多くありますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容3】電話対応

アパレル店員の仕事3つ目は『電話対応』です。

お客さまの中には「商品の在庫」や「入荷の状況」を確認するため、電話をかけてくる人がいます。

こういった問い合わせに対応するのもアパレル店員の業務です(時にはクレームもあります)。

電話対応は「言葉遣い」や「態度」に気をつけ、状況に合った対応を心掛けましょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容4】商品の管理・品出し

アパレル店員の仕事4つ目は『商品の管理・品出し』です。

陳列した商品の補充や整頓、在庫の管理をするのもアパレル店員の業務です。

品出しは単に商品を並べるのではなく、お客さまのニーズを把握したうえで、品出しする商品の数量を決めます。

なお、売れない商品があれば倉庫に返送したり、他店舗へ出荷したりなどの手続きをすることもありますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容5】ディスプレイ調整

アパレル店員の仕事5つ目は『ディスプレイ調整』です。

ディスプレイ調整は、アパレル店員の腕の見せ所。お客さまのニーズを敏感にキャッチしたうえで「人気の商品」や「積極的に売り出したい商品」などを配置します。

この作業はお店の売り上げに貢献しますので、色々な店舗を観察し、目を引くレイアウトを学んでおくといいでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容6】売上管理

アパレル店員の仕事6つ目は『売上管理』です。アパレルショップによっては「売上管理」を任される場合があります。

売上管理にはエクセル(表計算ソフト)を使う店舗が多いですよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容7】雑務

アパレル店員の仕事7つ目は『雑務』です。

雑務に関しては「店内の清掃」や「スタッフのシフト管理」「備品の発注や管理」など、企業によってバラバラです。

雑務はアパレル店員の仕事ではないように感じますが、一生懸命取り組むと必ず感謝されます。

ですから「これもアパレル店員の仕事なの?」と思わず、頑張って取り組みましょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと3つ

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと3つ

ここでは、アパレル店員へ転職する前に「準備しておくこと」を3つご紹介します。

なお、保育士転職におすすめの時期については「保育士におすすめの転職サイトランキング16選」や「保育士向け転職サイトのおすすめ人気ランキング16選」に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと1】トレンドを把握しておく

保育士からアパレル店員へ転職する前に準備しておくこと1つ目は『トレンドを把握しておく』です。

トレンドを知っておくことはアパレル店員として基本となる部分です。

ファッションだけに限らず幅広いジャンルのトレンドにも精通しておくと、お客さまとの接客トークに活かすことができます。

なので、保育士からアパレル店員へ転職する前に「アパレル業界ではどんなことが流行っているのか?」「同世代の子はどんなファッションに興味があるのか?」など調べておきましょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと2】ブランドの知識を身につけておく

保育士からアパレル店員へ転職する前に準備しておくこと2つ目は『ブランドの知識を身につけておく』です。

アパレル店員として働くことが決まったらまずはブランドの知識を身につけましょう。

ブランドのコンセプトや店舗数、商品の特徴など、わかる範囲で事前に調べておくと、即戦力として活躍できますよ(商品に関する細かなことは研修で教えてくれます)。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと3】ファッションに関する知識を身につけておく

保育士からアパレル店員へ転職する前に準備しておくこと3つ目は『ファッションに関する知識を身につけておく』です。

ファッションに関する知識とは、服の素材やお手入れ方法、サイズの測り方などです。

これらの知識を事前に身につけておくと、実際に働き始めてから非常に役立ちますよ。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル3選

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル3選

アパレル店員には、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

以下、アパレル店員に必要とされる「代表的なスキル」です。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル1】提案力

保育士からアパレル店員へ転職する際に必要なスキル1つ目は『提案力』です。

アパレル店員は、お客さまのニーズに見合った商品をおすすめするシーンで「提案力」が必要になります。

商品を提案する際は無理に押し付けるのではなく、お客さまと一緒に比較検討しながらよりニーズにマッチする商品を選ぶことが大切ですよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル2】観察力

保育士からアパレル店員へ転職する際に必要なスキル2つ目は『観察力』です。

アパレル店員は、お客さまが望んでいるものを提案することが何より大切です。

そのため、お客さまを見て「好みやタイプ」の判断を行い、求めているものを予測する観察力が必要になります。

よく観察をして、お客さまが望んでいるものを提案できれば、より満足してもらえますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル3】コミュニケーション能力

保育士からアパレル店員へ転職する際に必要なスキル3つ目は『コミュニケーション能力』です。

アパレル店員は、お客さまと接することが主な仕事。高いコミュニケーション能力が必要になります。

保育士の皆さんは日常的に子供たちと触れ合っているため「コミュニケーション能力」があると思いますが、お客さまと子供とのコミュニケーションは別物。

アパレル店員では、どのようなお客さまにも満足していただけるように「好み」や「要望」をうかがい、そこから商品の「案内」や「提案」をしていく必要がありますよ。

保育士とアパレルの共通点を紹介しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル3選

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル3選

保育士からアパレル店員への転職を本気で考えるのであれば、上述したスキルに加え、これらのスキルも身につけておきましょう。

下記のスキルを身につけておけば、アパレル店員への転職がしやすくなりますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル1】会計スキル

保育士からアパレル店員へ転職する際に役立つスキル1つ目は『会計スキル』です。

会計スキルとは「決算書からお金の流れ会社の状況を読み取ることができる能力」です。

つまり、簿記の知識ですね。会計スキルは経理職だけでなく、アパレル店員でも役に立ちます。

なぜなら、アパレル店員として経験を積むと店舗運営に携わる可能性が高いからです。

なので、保育士からアパレル店員への転職を本気で考えるのであれば、会計スキルを身につけておきましょう。

会計スキルがあるだけで、他の応募者よりも一歩リードできますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル2】オフィスソフトのスキル

保育士からアパレル店員へ転職する際に役立つスキル2つ目は『オフィスソフトのスキル』です。

オフィスソフトのスキルとは「エクセル」や「ワード」「パワーポイント」などを使いこなせるスキルのことを指します。

オフィスソフトのスキルは、アパレル店員でも必要です。

保育士からアパレル店員への転職を本気で考えるのであれば、オフィスソフトを使いこなせるようにしておきましょう。

なお、エクセルに関しては「SUM関数」「AVERAGE関数」「MIN関数・MAX関数」など、基本的な関数を使いこなせるまで練習してくださいね。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル3】英語力

保育士からアパレル店員へ転職する際に役立つスキル3つ目は『英語力』です。

英語力とは「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」4つのスキルを総合した力のことを指します。

近年、外国人旅行客が増加しているため、アパレルショップによっては英語対応が必要になります。

そのため、保育士からアパレル店員への転職を本気で考えるのであれば、英語力を身につけておきましょう。

なお、英語力4つを鍛えることは大変なので、まずは接客で必要な「リスニング」「スピーキング」から勉強するといいでしょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格3選

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格3選

アパレル店員に必要な資格はありません。

しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。

ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格1】販売士(リテールマーケティング)

保育士からアパレル店員への転職を考えている方におすすめの資格1つ目は『販売士(リテールマーケティング)』です。

販売士とは、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングなど、基本知識から高度な専門知識まで身につけられる資格。

接客スキルや売場づくりに関する知識を身につけられるので、アパレル店員に転職する際に役立ちますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格2】ファッション販売能力検定

保育士からアパレル店員への転職を考えている方におすすめの資格2つ目は『ファッション販売能力検定』です。

ファッション販売能力検定とは、基本的なファッション商品知識や販売基本知識、接客基本技術などを測る検定。

2級・3級は販売スタッフ向け、1級は店舗のマネジメントや運営向けとなっています。

ファッション販売能力検定は、ファッション販売に関する知識に加え、お客さまにとってのお店とは何かなど、お客さまに関する内容も学ぶことができますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格3】ファッション色彩能力検定

保育士からアパレル店員への転職を考えている方におすすめの資格3つ目は『ファッション色彩能力検定』です。

ファッション色彩能力検定とは、ファッション業界で働くために必要な色彩の知識と技術を測る検定。

合格すると色彩を効果的に扱うことのできる「高度な技能をもつ証明」になります。

そのため、アパレル店員を目指す方におすすめです。

なお、ファッション色彩能力検定は、自身のファッションセンスも上げることができるので、プライベートでもビジネスでも使える資格ですよ。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴5つ

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴5つ

アパレル店員は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。

ここでは、アパレル店員に向いている人の特徴を5つご紹介します。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴1】洋服が好きな人

アパレル店員に向いている人の特徴1つ目は『洋服が好きな人』です。

洋服が好きだからこそ、お客さまに商品の良さを伝えたり、お手本となるコーディネートを紹介することができます。

洋服に興味のない人から服を買いたいとは誰も思いません。

そのため、アパレル店員の経験がなかったとしても、洋服が好きな気持ちがあることは重要です。

洋服が好きな人は、アパレル店員に向いていると言えるでしょう。

なお、「保育士からアパレル販売員へ転職を成功させた方の記事」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴2】柔軟性がある人

アパレル店員に向いている人の特徴2つ目は『柔軟性がある人』です。

アパレル店員として働くと、お客さまからクレームを受ける場合があります。

そのため、時には臨機応変な対応が求められます。

イレギュラーなケースでも慌てず「柔軟に対応できる人」はアパレル店員に向いていると言えるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴3】丁寧な応対ができる人

アパレル店員に向いている人の特徴3つ目は『丁寧な応対ができる人』です。

アパレル店員はブランドイメージを左右する存在です。

アパレル店員の対応がブランドイメージを決めると言っても過言ではありません。

そのため、誰からも好感を持たれるような、丁寧なコミュニケーションが求められます。

丁寧な応対ができる人はアパレル店員に向いていると言えるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴4】トレンドに敏感な人

アパレル店員に向いている人の特徴4つ目は『トレンドに敏感な人』です。

流行の移り変わりが激しいアパレル業界では、常に最新のトレンドをキャッチする必要があります。

日頃から新しい情報を集めることが好きな人は、アパレル店員に向いていると言えるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴5】人と会話をすることが好きな人

アパレル店員に向いている人の特徴5つ目は『人と会話をすることが好きな人』です。

アパレル店員は、接客がメインです。なので「人と話すことが好きな方」や「接客が好きな方」に向いていると言えるでしょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット3つ

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット3つ

ここでは、保育士からアパレル店員に転職するメリットを3つご紹介します。

主なメリットは下記の通りです。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット1】シフト制のため柔軟に働ける

保育士からアパレル店員に転職するメリット1つ目は『シフト制のため柔軟に働ける』です。

アパレルショップの大半はシフト制。自分の好きな時間帯に働けます(もちろん職場によりますが…)。

保育士の仕事は「週5日勤務」「定時9:00〜18:00」「土曜日勤務あり」といった固定勤務がほとんどです。

なので、保育士からアパレル店員に転職すると以前よりも自由な働き方ができると思いますよ。

なお、シフト制については「保育士からアパレル店員への転職方法を紹介しているサイト」でも述べております。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット2】洋服代を節約できる

保育士からアパレル店員に転職するメリット2つ目は『洋服代を節約できる』です。

アパレル店員になると、自社ブランドの商品を社員割引で買うことができます。

そのため、洋服代を節約することが可能です。

好きなブランドを扱うショップで働けば、好きな洋服を安く買うことができますので、そこに魅力を感じてアパレル店員になる人もいますよ。

保育士向けにアパレルへの転職を解説しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット3】持ち帰り仕事がない

保育士からアパレル店員に転職するメリット3つ目は『持ち帰り仕事がない』です。

アパレル店員は保育士と違って持ち帰り仕事がありません。

基本的に店舗(現場)でしか仕事をしないことになっております。

とくに近年は、働き方改革が進み、労働環境を見直す企業が増えております。

ですので、企業によっては持ち帰り仕事はもちろん、残業を禁止しているところもありますよ。

持ち帰り仕事がないことはアパレル店員に転職するメリットだと言えるでしょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット3つ

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット3つ

最後に、保育士からアパレル店員に転職するデメリットを3つご紹介します。

主なデメリットは下記の通りです。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット1】土日祝に出勤しなくてはいけない

保育士からアパレル店員に転職するデメリット1つ目は『土日祝に出勤しなくてはいけない』です。

アパレルショップは、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期休暇で繁忙期になります。

また、平日よりも土日祝のほうが忙しい傾向があります。

ですので、基本的に土日祝の休みはとりにくいでしょう。

友人や恋人のお休みが「土日祝」という方は、しっかりと考えてから転職しましょう。

保育士向けにアパレル店員へ転職を紹介しているサイト」や「アパレル業界の転職に強いおすすめの転職エージェント4選」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット2】イメージしていた仕事と違う可能性がある

保育士からアパレル店員に転職するデメリット2つ目は『イメージしていた仕事と違う可能性がある』です。

アパレル店員は、一見すると難しい作業がなく、簡単なイメージがあります。

しかし実際には違います。店舗によっては、頻繁にクレーム対応があったり、厳しいノルマがあったりします。

ですので、保育士からアパレル店員に転職したものの、すぐに退職する方も珍しくありません。

アパレル店員に転職する際は「単純に接客するだけ」という考えは持たないようにしましょう。

なお、ノルマについては「アパレル業界に特化したおすすめ転職サイトを紹介している記事」でも述べておりますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット3】職を失う可能性が高くなる

保育士からアパレル店員に転職するデメリット3つ目は『職を失う可能性が高くなる』です。

現在「受付」や「レジ打ち」「飲食店のオーダー業務」など、接客業務のデジタル化が進んでおります。

残念ながら、この勢いは止まりません。むしろ今後よりデジタル化が進み、接客の仕事が少なくなっていくと考えられます。

ですので、保育士からアパレル店員に転職すると「職を失う可能性が高くなる」と言えるでしょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!転職エージェントに相談しましょう

保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!転職エージェントに相談しましょう

これまでにご紹介した通り、保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめです。

しかし即決することはおすすめしません。

なぜなら保育士は、これからの未来を担う子供たちを支え、成長を育んでいく仕事。これほどやりがいのある仕事は他にはないと思います。

ですから、保育士からアパレル店員に転職する際は安易に行動を起こさず、誰かに相談してから決めましょう。

なお、相談相手がいない場合には「転職エージェント」の活用をおすすめします。

転職エージェントを活用すれば「転職に関する相談」に加え「履歴書・職務経歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれますよ。ぜひ、この機会にご活用ください。

アパレル業界に特化した転職サイトを紹介している記事」でも、転職エージェントの活用をおすすめしておりますよ。

なお、おすすめの転職エージェントについては「保育士向けおすすめ転職エージェント8選」や「業界への転職におすすめのエージェントランキング8選」をご覧ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容とまとめると

保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする前に
保育士から異業種への転職!子供服ブランドのアパレル店員がおすすめです
保育士から異業種への転職!アパレル店員をおすすめする理由について
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!仕事内容をご紹介します
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!準備しておくこと3つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!必要なスキル3選
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!役立つスキル3選
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!資格3選
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!向いている人の特徴5つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!メリット3つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!デメリット3つ
保育士から異業種へ転職するならアパレル店員がおすすめ!転職エージェントに相談しましょう

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む