保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめします

保育士から異業種へのおすすめ
2022.07.08

保育士を辞めて異業種に転職したいけど…。 

やりたい仕事が見つからない。

どうしよう…。
    
このような方には「キャリアアドバイザー」をおすすめします。

キャリアアドバイザーとは、転職希望者に対して様々なサポートを行う仕事。

転職希望者とカウンセリングを通して信頼関係を築く必要があるため、保育士で培ってきたコミュニケーション能力を活かせます。

そのため、保育士から異業種に転職した方にはキャリアアドバイザーをおすすめします。

とはいっても、誰でもキャリアアドバイザーに転職できるとは限りません。

なぜなら、企業によっては「専門知識」や「専門スキル」を求められるからです。

近年はキャリアアドバイザーに求められる能力が上がってきておりますので、転職をご検討される際はしっかりと準備・対策をしましょう。

この記事では、保育士から異業種への転職を目指す方に向けて「キャリアアドバイザーの仕事内容」や「必要なスキル」をご紹介していきます。

後半部分では「キャリアアドバイザーに向いている人の特徴」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

なお、保育士から転職する際のポイントについては知りたい方は「保育士の転職サイトまとめ|口コミ付き・転職成功のポイント」をご覧ください。

【目次】
保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとは?
保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとキャリアコンサルタントの違い
保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由とは?
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容について
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル5選
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格3選
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴5つ
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット3つ
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット3つ
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!転職エージェントに相談しましょう
まとめ

 

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとは?

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとは?

はじめに、キャリアアドバイザーについてご説明します。

キャリアアドバイザーとは、転職希望者に対して様々なサポートを行う仕事。

具体的には「人材派遣会社」や「人材紹介会社」などで、転職の相談に乗ったり、職務経歴書の書き方の指導をしたりなどをしております。

キャリアアドバイザーは、転職希望者と面談やカウンセリングを通して、信頼関係を築きながらその人に合ったサポートを提供しますので、高いコミュニケーション能力が求められますよ。

 

 

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとキャリアコンサルタントの違い

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとキャリアコンサルタントの違い

キャリアアドバイザーと似た名称の職種に「キャリアコンサルタント」があります。

どちらも転職者のサポートをする仕事ですが、両者は別物です。なぜなら、キャリアコンサルタントは厚生労働省による国家資格の名称。

つまり、資格を持たない人は名乗ることができません(キャリアアドバイザーに特別な資格は必要ありません)。

なお、キャリアコンサルタントの仕事内容はキャリアアドバイザーよりも領域が広く、より専門的な知識が必要になりますよ。

キャリアコンサルタントについては「厚生労働省のホームページ」に詳しく記載しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

 

 

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由とは?

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由とは?

なぜ保育士にキャリアアドバイザーをおすすめするのでしょうか。

ここでは、保育士から異業種への転職を考えている方に向けて『キャリアアドバイザーをおすすめする理由』を3つご紹介します。

 

【保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由1】研修制度が充実しているから

キャリアアドバイザーをおすすめする理由1つ目は『研修制度が充実しているから』です。

一般的にキャリアアドバイザーの求人は「長期キャリア形成」という観点から募集している場合が多く、育てる環境がしっかりと整っております。

そのため、多くの企業で研修制度が充実しております。

ですから、キャリアアドバイザーの仕事に不安を抱えている保育士でも心配無用。

しっかりと研修を受けてから安心してスタートできますよ。

 

【保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由2】コミュニケーション能力を活かせるから

キャリアアドバイザーをおすすめする理由2つ目は『コミュニケーション能力を活かせるから』です。

冒頭で述べた通り、キャリアアドバイザーは求職者の相談に乗り、その方に合った求人を紹介する仕事です。

そのため、保育士で培ってきた「コミュニケーション能力」を存分に活かすことができます。

保育士からキャリアアドバイザーに転職し、即戦力として活躍することも不可能ではありませんよ。

 

【保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由3】学歴や年齢を問わずに活躍できるから

キャリアアドバイザーをおすすめする理由3つ目は『学歴や年齢を問わずに活躍できるから』です。

キャリアアドバイザーは実力主義の世界。成果がはっきりと数字で示されます(企業によっては、求職者の内定承諾や目標達成などによりインセンティブがつくこともあります)。

そのため、キャリアアドバイザーの経験が無くても実力があると判断されれば、高評価を得たり、キャリアアップにつなげたりすることも可能です。

キャリアアドバイザーは、学歴や年齢を問わずに活躍できる職種だといえるでしょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容について

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容について

ここからは、キャリアアドバイザーの仕事内容をご紹介します。

細かい点は、働く会社の規模や体制、業種によって異なります。

ですから、キャリアアドバイザー全般に共通する仕事内容だけをご紹介しますね。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容1】求人の紹介

キャリアアドバイザーの仕事1つ目は『求人の紹介』です。

求職者のカウンセリングを行い、希望する職種や年収、勤務地などを考慮しながらその人に適した求人を紹介します。

希望に沿った紹介をするのはもちろん、ときには本人が気づかない資質を見いだして、あえて希望とは異なる提案をする場合もありますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容2】面接日程の調整

キャリアアドバイザーの仕事2つ目は『面接日程の調整』です。

応募企業が決まったら、相手先企業の担当者と求職者のスケジュールを調整し、面接の日程を決定します。

キャリアアドバイザーの中には、面接に同行する方もいらっしゃいますよ。

なお、面接の同行については「保育士転職エージェントおすすめランキング|選び方や活用術も徹底解説」でもご紹介しております。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容3】求職者の選考対策

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容3】求職者の選考対策

キャリアアドバイザーの仕事3つ目は『求職者の選考対策』です。

紹介した求人に合わせて、「履歴書」や「職務経歴書」の書き方指南や、面接のアドバイスを行うのもキャリアアドバイザーの仕事です。

なお、面接対策では、面接に通るための身だしなみやヘアスタイルなどのアドバイスをすることもありますよ。

選考対策について詳しく知りたい方は「保育士におすすめの転職エージェントランキング10選」をご覧ください。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容4】採用結果を通知

キャリアアドバイザーの仕事4つ目は『採用結果を通知』です。

面接が終わったら採用試験の合否を企業に確認します。

合格の場合は結果と共に採用条件を求職者に伝え、希望に合わない点があれば交渉を行います(年収や待遇などです)。

なお、不合格の場合は理由を聞き、今後の求職活動に生かせるようにアドバイスしますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容5】入社までのフォロー

キャリアアドバイザーの仕事5つ目は『入社までのフォロー』です。

内定後は、入社日の調整や現職を円満退社するためのアドバイスを行います。

なお、これらの業務のほか、転職希望者からの「問い合わせメールへの返信対応」や「求人案内メールの作成」なども行いますよ。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル5選

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル5選

キャリアアドバイザーには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

以下、キャリアアドバイザーに必要とされる「代表的なスキル」です。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル1】臨機応変な対応力

キャリアアドバイザーに必要なスキル1つ目は『臨機応変な対応力』です。

キャリアアドバイザーは、転職希望者から寄せられる様々な要望に応じたり、企業と日程調整や交渉をしたりしなければなりません。

複数の業務を並行して行うため、優先順位を見極めながら効率的かつ適切に業務を遂行していく対応力が求められます。

このようなことから、イレギュラーなケースでも慌てず「臨機応変に対応できる人」は活躍できると思いますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル2】タッチタイピング

キャリアアドバイザーに必要なスキル2つ目は『タッチタイピング』です。

タッチタイピングとは、文章を入力するときなどに手元を見ずにキーボードを打つこと(ブラインドタッチとも言います)。

キャリアアドバイザーは転職活動のサポートの一環として、書類作成のお手伝いをします。

そのため、タッチタイピングのスキルは必須。タッチタイピングができないと作業効率が悪くて、同僚に迷惑をかけてしまう可能性があります。

保育士からキャリアアドバイザーへの転職を本気で考えるのであれば、タッチタイピングはできるようにしておきましょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル3】ヒアリング能力

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル3】ヒアリング能力

キャリアアドバイザーに必要なスキル3つ目は『ヒアリング能力』です。

ヒアリング能力とは、相手の悩みや疑問を上手に引き出し、ニーズを聞き出すスキル。

平たく言うと「相手が話しやすい雰囲気」を作るスキルとも言えます。

転職希望者に適切なアドバイスをするためには、話す能力よりも聞く(聞き出す)スキルが重要です。

そのため、キャリアアドバイザーでは高いヒアリング能力が求められますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル4】情報収集力

キャリアアドバイザーに必要なスキル4つ目は『情報収集力』です。

キャリアアドバイザーは、適切なアドバイスができるように、現在の労働市場などを的確にリサーチしておく必要があります。

また、企業と条件交渉をするにあたり、労働関連法規や制度の知識を身に付けておくことも大切です。

キャリアアドバイザーでは高い情報収集力が求められますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル5】コミュニケーション能力

キャリアアドバイザーに必要なスキル5つ目は『コミュニケーション能力』です。

キャリアアドバイザーは、転職希望者(相手先企業の担当者)と信頼関係を築くためにも、高度なコミュニケーションスキルが不可欠です。

相手と同じ目線に立ったうえで意思疎通を図り、適切なアドバイスができれば、キャリアアドバイザーとして活躍できると思いますよ。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格3選

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格3選

キャリアアドバイザーに必要な資格はありません。

しかし資格を持っていれば、自分の強みをアピールすることができます。

ですので、時間に余裕のある方は、以下の資格を取得しておくといいでしょう。

なお、資格の重要性については「保育士におすすめ人気転職エージェント・サイト19選」や「保育士転職エージェントおすすめ全67社完全比較ランキング」でも述べておりますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格1】キャリアコンサルタント

保育士からキャリアアドバイザーへの転職を考えている方におすすめの資格1つ目は『キャリアコンサルタント』です。

キャリアコンサルタントとは、厚生労働大臣の登録を受けた“登録試験機関”が実施する国家資格試験。

登録制の名称独占資格であるため、キャリアコンサルタントでない人は「キャリアコンサルタント」やそれと紛らわしい名称を名乗れません。

キャリアコンサルタントを取得すると、転職希望者の人生にコミットするプロフェッショナルとして、相応の能力を持っていることが証明できます。

ですので、キャリアアドバイザーとして働く上で非常に役立ちますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格2】MOS

保育士からキャリアアドバイザーへの転職を考えている方におすすめの資格2つ目は『MOS』です。

MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。

MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。

ですので、MOSを取得するだけで「オフィスソフトのスキル」があることを証明できますよ

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格3】ビジネス文書検定

保育士からキャリアアドバイザーへの転職を考えている方におすすめの資格3つ目は『ビジネス文書検定』です。

ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する民間の検定試験。

難易度別に1~3級まであります。キャリアアドバイザーに転職すると、社内・社内を問わず、たくさんの提出書類を作成することになります。

ですので、ビジネスメールのやり取りに不安のある方はこの検定を受けておくといいでしょう。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴5つ

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴5つ

キャリアアドバイザーは、どのような人に向いている仕事なのでしょうか。

ここでは、キャリアアドバイザーに向いている人の特徴を5つご紹介します。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴1】人と接することが苦にならない人

キャリアアドバイザーに向いている人の特徴1つ目は『人と接することが苦にならない人』です。

キャリアアドバイザーは日々多くの転職希望者と接する仕事。

1日に数十人以上と接することも珍しくありません。

そのため、キャリアアドバイザーは「人と接することが苦にならない人」に向いている仕事だといえるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴2】キャリアで悩んだ経験がある人

キャリアアドバイザーに向いている人の特徴2つ目は『キャリアで悩んだ経験がある人』です。

何の苦労もせずに順調にキャリアを積んできた人は、他人の「キャリアに関する悩み」や苦しみがわからないものです。

一方、これまでの人生で、自分自身が進学や就職などのキャリアで悩んだ経験がある人は相手の気持ちを深く理解できます。

このようなことから、キャリアで悩んだ経験がある人がキャリアアドバイザー向いているといえるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴3】聞き上手な人

キャリアアドバイザーに向いている人の特徴3つ目は『聞き上手な人』です。

相談に来る求職者は悩みや不安などを抱えて訪れます。

自分に自信を失っている方や不安を抱えている方は否定されれば、なおさら自信を失い、引きこもりなどになるリスクもあります。

ですから、転職相談を受ける際は、まずは相手の話に耳を傾けることが大切です。

聞き上手な人はキャリアアドバイザー向いているといえるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴4】情報収集能力がある人

キャリアアドバイザーに向いている人の特徴4つ目は『情報収集能力がある人』です。

転職希望者の適正職種や求人を探すうえで、情報収集能力は不可欠です。

近年は働き方改革など制度の新設や法改正の動きも活発化しているため、最新の情報をいち早くキャッチアップし、正しい理解をしたうえで、業務に活かしていくことが求められます。

情報収集能力がある人はキャリアアドバイザー向いているといえるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴5】人をサポートすることが好きな人

キャリアアドバイザーに向いている人の特徴5つ目は『人をサポートすることが好きな人』です。

キャリアアドバイザーは転職希望者に対して様々なサポート業務を行う仕事です。

そのため、人のために力を発揮することに喜びを感じられる人は、キャリアコンサルタントに向いているといえるでしょう。

「誰かのためになる仕事がしたい!」という思いは、キャリアアドバイザーにとって非常に重要ですよ。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット3つ

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット3つ

ここでは、保育士からキャリアアドバイザーに転職するメリットを3つご紹介します。

主なメリットは下記の通りです。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット1】持ち帰り仕事がなくなる

保育士からキャリアアドバイザーに転職するメリット1つ目は『持ち帰り仕事がなくなる』です。

キャリアアドバイザーは保育士と違って持ち帰り仕事がありません。

基本的に就業時間内でしか仕事をしないことになっております。

とくに近年は、働き方改革が進み、労働環境を見直す企業が増えております。

ですので、企業によっては持ち帰り仕事はもちろん、残業を禁止しているところもありますよ。

持ち帰り仕事がないことはキャリアアドバイザーに転職するメリットだと言えるでしょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット2】体力的にラク

保育士からキャリアアドバイザーに転職するメリット2つ目は『体力的にラク』です。

キャリアアドバイザーの仕事はデスクワークが中心。

保育士と比べて体を動かすことが少ないです。

そのため、体力的にずいぶんとラクになりますよ。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット3】収入が上がる可能性が高い

保育士からキャリアアドバイザーに転職するメリット3つ目は『収入が上がる可能性が高い』です。

大手転職サイトが独自に行った「職種別モデル年収平均ランキング(2021年版)」によると、保育士の平均年収は395万円。

それに引き換え、キャリアカウンセラー(キャリアアドバイザーを含む)の平均年収は545万円となっております。

ですので、保育士からキャリアアドバイザーに転職すると年収がアップするといえるでしょう。

とはいっても、2022年度はどうなるのかはわかりません。

なぜなら、2022年2月から法改正によって「保育士・教諭等処遇改善臨時特例事業」がスタート。

保育士や幼稚園教諭等の収入を3%程度(月額9,000円)引き上げる措置が実施されております。

ですから、2022年度は昨年よりも収入が上がると思いますよ。

保育士・教諭等処遇改善臨時特例事業については「内閣府のホームページ」に詳しく記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット3つ

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット3つ

続きましては、保育士からキャリアアドバイザーに転職するデメリットをご紹介します。

主なデメリットは下記の通りです。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット1】イメージしていた仕事と違う可能性がある

保育士からキャリアアドバイザーに転職するデメリット1つ目は『イメージしていた仕事と違う可能性がある』です。

キャリアアドバイザーが接する相談者は、一人ひとり様々な悩みや課題を抱えています。

たとえ似たように見える悩みや課題であっても、相談者が置かれている状況や立場、価値観はみんな異なり、ときには解決するのが難しいケースに遭遇する場合もあります。

そのため、キャリアアドバイザーに転職する人の中には「思っていた仕事と違った…」といって退職する人も珍しくありません。

キャリアアドバイザーに転職する際は「単純に転職のアドバイスをするだけ」という考えは持たないようにしましょう。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット2】常に学習する必要がある

保育士からキャリアアドバイザーに転職するデメリット2つ目は『常に学習する必要がある』です。

キャリアアドバイザーは仕事を始めてからも、新しい知識やスキルを習得し続けなくてはなりません。

カウンセリングスキルを高めることはもちろん、メンタルヘルスや雇用管理、各職業の事情、社会保障制度など、キャリアアドバイザーに必要とされる知識は幅広いです。

また、それらは社会の動きにあわせて日々刻々と変化していくため、最新の情報を追いかけ続ける必要があります。

 

【保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット3】ノルマがある

保育士からキャリアアドバイザーに転職するデメリット3つ目は『ノルマがある』です。

キャリアアドバイザーにはノルマや目標が定められております。

ノルマや目標は、達成すれば評価や給与につながる一方、未達成なら業務量が増えたり、冷たい対応をさせられたりするかもしれません。

そのため、転職者の中にはノルマが辛くなり、すぐに退職する人も数多くいます。

キャリアアドバイザーに転職する際は、ノルマに追われる可能性があることを考えておきましょう。

なお、キャリアアドバイザーのノルマには「成約人数」「内定人数」「面接通過人数」などがありますよ。

ノルマについて詳しく知りたい方は「キャリアアドバイザーの求人を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!転職エージェントに相談しましょう

保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!転職エージェントに相談しましょう

これまでにご紹介した通り、保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめです。

しかし即決することはおすすめしません。

なぜなら保育士は、これからの未来を担う子供たちを支え、成長を育んでいく仕事。

これほどやりがいのある仕事は他にはないと思います。

ですから、保育士からキャリアアドバイザーに転職する際は安易に行動を起こさず、誰かに相談してから決めましょう。

なお、相談相手がいない場合には「転職エージェント」の活用をおすすめします。

転職エージェントを活用すれば「転職に関する相談」に加え「履歴書・職務経歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれますよ。ぜひ、この機会にご活用ください。

なお、おすすめの転職エージェントについては「保育士に強い転職エージェントおすすめランキング10選」、もしくは「保育士向けおすすめ転職エージェント8選」や「保育士におすすめの転職エージェント7選」をご覧ください。

 

 

まとめ

では、これまでの内容とまとめると

保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとは?
保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーとキャリアコンサルタントの違い
保育士から異業種への転職!キャリアアドバイザーをおすすめする理由とは?
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!仕事内容について
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!必要なスキル5選
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!資格3選
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!向いている人の特徴5つ
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!メリット3つ
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!デメリット3つ
保育士から異業種へ転職するならキャリアアドバイザーがおすすめ!転職エージェントに相談しましょう


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む