保育士の転職|第二新卒の転職について解説します

保育士の転職相談
2022.08.26

新卒で就職した保育園を辞めたいけど…。

数年で辞めると印象が悪い。

もしかしたら転職に苦労するかも…。

このような悩みを抱えている保育士さんはいませんか?

たしかに新卒で就職した保育園を早々に辞めてしまうと印象が悪いです。

しかし心配いりません。

近年、保育士不足が問題となっており、多くの園で保育士さんを求めています。

なかでも即戦力として活躍できる経験者のニーズは高いです。

そのため、第二新卒の保育士はスムーズに転職できると思いますよ。

この記事では「第二新卒保育士の転職」について解説していきます。

後半部分では「第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと」や「第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント」を紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

【目次】
保育士の転職|第二新卒とは?
保育士の転職|第二新卒と既卒の違いについて
保育士の転職|第二新卒と新卒の違いについて
保育士の転職|第二新卒保育士の採用ニーズが増加しています
保育士の転職|担任経験がある第二新卒保育士は重宝されます
保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点3つ
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点1】前職の不満を言わないこと
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点2】身だしなみ
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点3】退職理由
保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5つ
【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント1】曖昧に言わない
【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント2】給与に関することは
【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント3】ポジティブに話す
【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント4】嘘をつかない
【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5】簡潔に話す
保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴5つ
【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴1】保育園選びの基準が曖昧な人
【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴2】転職理由が明確でない人
【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴3】人の話に耳を傾けない人
【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴4】何とかなると思っている人
【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴5】一人で何もかもやろうとする人
保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8つ
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと1】よくある質問を把握しておく
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと2】職場見学する
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと3】履歴書のマナーを再確認する
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと4】自己分析
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと5】徹底的に情報収集する
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと6】転職スケジュールを立てる
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと7】転職エージェントに登録する

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8】口コミサイトを活用する
保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4つ
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント1】若さをアピールする
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント2】社会人経験をアピールする
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント3】園で工夫したことをアピールする
【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4】柔軟性をアピールする
保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7つ
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ1】プライベートと仕事のバランスを大事にする
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ2】仕事を楽しんでない人と関わらない
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ3】具体的な目標をもつ
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ4】他人と比べない
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ5】自分を褒める
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ6】楽しむための工夫をする
【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7】自己有用感に意識を向ける
まとめ
 

 

保育士の転職|第二新卒とは?

保育士の転職|第二新卒とは?

はじめに「第二新卒」についてご説明します。

第二新卒とは学校を卒業した後、一度就職をしたものの3年以内に離職し、転職活動を行なっている人を指します。

第二新卒の年齢については明確な基準がありません。

しかし学校を卒業してから3年以内を指すため、一般的には25歳前後とされております(保育士は短大卒業してから就職する方が多いので年齢は23歳~26歳が中心になるでしょう)。

短期間ではあるものの、社会に出た経験がある方が第二新卒の一般的な解釈といえるでしょう。

 

 

保育士の転職|第二新卒と既卒の違いについて

第二新卒と混同されやすい言葉に「既卒」という単語があります。

既卒とは、高校や専門学校、大学などを卒業後、一度も社会人として働いたことのない人を指す言葉。

卒業後に就職活動をしている人や、フリーターをしている人も既卒に当てはまります。

つまり、第二新卒は短期間ではあるものの1度は正社員として社会経験があるのに対し、既卒は学校を卒業した後、1度も正社員として就労していない人ってことですね(既卒に法的な定義はないものの、卒業後3年以内の人を意味するのが一般的です)。

 

 

保育士の転職|第二新卒と新卒の違いについて

保育士の転職|第二新卒と新卒の違いについて

新卒とは、就職活動を行っている学生を意味します。

主に大学を卒業する前の最終学年を指すのが一般的ですね。

 

 

保育士の転職|第二新卒保育士の採用ニーズが増加しています

現在、首都圏を中心に保育士は引く手あまたの状態。

多くの園で即戦力となる人材を求めています。

そのため、新卒の保育士よりも、少しでも経験のある保育士を雇いたいと考える園がたくさんあります。

ですので、第二新卒の保育士は比較的スムーズに転職できると思いますよ。

第二新卒歓迎の求人数はたくさんありますので、気になる方は「第二新卒OKの求人一覧」、もしくは「保育士求人一覧」をチェックしてみてくださいね。

 

 

保育士の転職|担任経験がある第二新卒保育士は重宝されます

保育士の転職|担任経験がある第二新卒保育士は重宝されます

担任の経験がある保育士さんは転職に有利です。

なぜなら担任を持っていた場合、通常の保育に加えて「月案」や「週案」といった事務作業も業務に含まれます。

また、保護者と頻繁にやり取りをするため、一般的なビジネスマナーも求められます。

このようなことから、担任経験がある方はそれだけで「保育士としてのスキル」を証明できるのです。

担任経験がある第二新卒保育士さんは自信をもって転職活動に励みましょう。

なお、保育士に求められるスキルについては「新卒可の保育士求人一覧」、もしくは「保育士の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

 

保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点3つ

保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点3つ

第二新卒保育士は採用ニーズが増加しているためスムーズに転職できると思います。

しかし油断は禁物!いくら保育士経験があっても不採用になる可能性は考えられます。

第二新卒保育士は以下のポイントに注意して転職活動を行いましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点1】前職の不満を言わないこと

第二新卒保育士が転職する際に注意すること1つ目は『前職の不満を言わないこと』です。

面接官に前職の不平不満を言うことはNG。

あなたはスッキリするかもしれませんが、面接官は不信感を抱きます。

なぜなら、あなたを採用すると「退職したときに園の不満を言われる」。

もしくは「不満を持ったらすぐやめるかも」と考えるからです。

転職する際は前職の不満を言わないようにしましょう。

第二新卒保育士は転職時に武器になる?転職に失敗しないためのポイントを解説」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点2】身だしなみ

第二新卒保育士が転職する際に注意すること2つ目は『身だしなみ』です。

第二新卒の方は社会人経験があります。

そのため、厳しい目で身だしなみをチェックされます。

社会人経験があるのに身だしなみが乱れていると、人間性を疑われるかもしれません。

ですから、転職の際は「髪型」「服装」に乱れがないよう注意してください。

清潔感のない保育士は保護者から嫌われますよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職するときの注意点3】退職理由

第二新卒保育士が転職する際に注意すること3つ目は『退職理由』です。

曖昧な退職理由を伝えると園は不信感を覚えます。

どれだけ良い人材でも採用を控えるかもしれません。

ですので、退職理由を伝える際はしっかりと伝えましょう。

なお、退職理由を伝える際のポイントは次の項目でご説明します。

 

 

保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5つ

保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5つ

ここでは、退職理由を伝える際のポイントをご紹介します。

退職理由は以下のポイントを意識して伝えましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント1】曖昧に言わない

第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント1つ目は『曖昧に言わない』です。

退職理由を言いたくないからといって、はっきりとした回答をしないのはいけません。

うまく質問をかわそうとしても面接官の心象を損ねるだけです。

退職理由を聞かれた際は曖昧な回答は避け、具体的に伝えましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント2】給与に関することは言わない

第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント2つ目は『給与に関することは言わない』です。

給与に関する話はNGです(お給料がもらえなかった場合を除く)。

退職理由で給与に関する話をすると「お金にうるさい人」と警戒されるかもしれません。

退職理由で給与に関する話はやめておきましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント3】ポジティブに話す

【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント3】ポジティブに話す

第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント3つ目は『ポジティブに話す』です。

退職理由の多くは「ネガティブな理由」が含まれております。

ですので、退職理由は伝え方を工夫してポジティブに伝えましょう。

それだけで、退職理由の印象が大きく変わりますよ。

保育士1年目で転職しても大丈夫ですか?その後に影響はありますか?」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント4】嘘をつかない

第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント4つ目は『嘘をつかない』です。

退職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。

バレないと思っても転職後にバレる可能性があります。

退職理由で嘘をつくことは絶対にやめておきましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5】簡潔に話す

第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5つ目は『簡潔に話す』です。

自分のことを良く見せたいからといってダラダラと話すのはNG。

面接官に「何かごまかしているのでは?」と勘違いされる恐れがあります。

細かく説明したい気持ちはわかりますが、退職理由を伝える際はあくまで簡潔に。

かつ、具体的に説明するようにしましょう。

 

 

保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴5つ

保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴5つ

第二新卒保育士の中には、転職後に後悔する方がいます。

では、どのような方が後悔するのでしょうか。

ここでは、転職後に後悔しやすい人の特徴を5つご紹介していきます。

ご自身に該当する項目がないかチェックしてみてくださいね。

 

【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴1】保育園選びの基準が曖昧な人

転職後に後悔しやすい人の特徴1つ目は『保育園選びの基準が曖昧な人』です。

転職後に後悔しないためには、あらかじめ「保育園選びの軸」を決めておき、転職先の園で実現できるかを確かめておくことが大切です。

何も決めず、ただ求人情報をチェックするのはいけません。

転職する際は「保育園選びの軸」を明確にしてから応募しましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴2】転職理由が明確でない人

転職後に後悔しやすい人の特徴2つ目は『転職理由が明確でない人』です。

自己分析があまく「なぜ転職をしたいのか」が明確でない人は、転職後に後悔しやすいです。

転職する際は「どうして転職したいのか」「どんな状態になれば転職成功なのか」をしっかりと考えてから行動しましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴3】人の話に耳を傾けない人

転職後に後悔しやすい人の特徴3つ目は『人の話に耳を傾けない人』です。

人の意見で行動することはいけません。

しかし、人の意見に耳を傾けないことはもっといけません。

ご両親や友人はあなたのためを思って「良きアドバイス」をしてくれる場合もあります。

ですから、少しは人の話に耳を傾けましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴4】何とかなると思っている人

転職後に後悔しやすい人の特徴4つ目は『何とかなると思っている人』です。

このタイプの人は、先のことを深く考えずに行動しています。

そのため、予想外の結果に直面する可能性が高いのです。

楽観的なことは良いことですが、転職活動においてはNG。

最悪のケースを想定して慎重に行いましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴5】一人で何もかもやろうとする人

転職後に後悔しやすい人の特徴5つ目は『一人で何もかもやろうとする人』です。

転職活動は一人で行えます。しかし何もかも一人でやることは非常に労力がいります。

そのため、一人で何もかもやろうとすると「待遇面で見落としている点があった」「保育園選びに失敗した」というような事態が考えられます。

転職活動は一人で行わず、必ず誰かにサポートしてもらいましょう。

保育士の新卒採用手法|就職活動の変化やスケジュールをご紹介!」でも同様のことを述べております。

 

 

保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8つ

保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8つ

ここからは、第二新卒保育士が転職前にやっておくことを8つご紹介していきます。

転職に失敗しないためにも、しっかりと準備を行いましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと1】よくある質問を把握しておく

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと1つ目は『よくある質問を把握しておく』です。

転職活動では面接対策が重要。なかでも、よく聞かれる質問に対して、しっかりと対策しておくことが大事です。

よくある質問を把握しておくと、当日の精神的負担が軽くなりますので、面接前にチェックしておきましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと2】職場見学する

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと2つ目は『職場見学する』です。

応募先の保育園で職場見学ができる場合は、思い切って見学しましょう。

職場見学をすれば保育園の雰囲気だけでなく「園長や同僚の人柄」を知ることができます。

短期離職を防ぐためにも職場見学は積極的に行いましょう。

なお、職場見学では給与や勤務時間など、自身が知りたい点について質問してもいいでしょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと3】履歴書のマナーを再確認する

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと3つ目は『履歴書のマナーを再確認する』です。

履歴書には皆さんが想像している以上に細かいルールがあります。

そのため、何も調べずに作成するのは大変危険です。

履歴書の書き方を知っていても、再度マナーを確認してから書きましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと4】自己分析

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと4つ目は『自己分析』です。

自己分析は自分の強みや価値観、仕事に関する適性を見極めることができます。

なので、自己PR作成がスムーズになります。転職前には必ず自己分析しておきましょう。

新卒の保育士が「辞めたい」と思うのはナゼ?どうしても辛いなら転職も視野にいれよう」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと5】徹底的に情報収集する

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと5つ目は『徹底的に情報収集する』です。

自分に合った保育園を見つけるためには「求人検索」や「企業研究」などの情報収集が必須。

「求人票の情報だけ見てなんとなく応募した」では情報収集が足りず後悔することになるかも。

転職活動を行う際は求人情報を見るだけでなく「企業紹介ページ(経営理念や沿革)」「企業採用サイト」「社員インタビュー記事」「会社四季報」「会社のSNSやスタッフブログ」にも目を通しましょう。

そうすることで、社風や職場の雰囲気、人間関係などを感じ取ることができますよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと6】転職スケジュールを立てる

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと6つ目は『転職スケジュールを立てる』です。

転職活動は長期戦になりがち。引く手あまたの保育士でも、時期によっては長引くかもしれません。

そのため、転職スケジュールを立てないと途中でダラけてしまう可能性があります。

転職を成功させたい方は、転職スケジュールを立てておきましょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと7】転職エージェントに登録する

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと7つ目は『転職エージェントに登録する』です。

転職エージェントは転職に不安を抱えている方にとって心強い存在。

求人の紹介から内定まで手厚くサポートしてくれます。

また「履歴書・職務経歴書の作成」「面接の練習」など、細かいところまでサポートしてくれます。

ですので、転職エージェントを活用すれば、一人で転職するよりラクになりますよ。

転職する際は、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

新卒保育士が求人探しで失敗しないためのポイント」でも同様のことを述べておりますよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8】口コミサイトを活用する

第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8つ目は『口コミサイトを活用する』です。

転職に関する「Webサイト」に掲載されている口コミは大いに役立ちます。

ですので、転職する際は口コミサイトを活用しましょう。

なお、口コミサイトで残業や業務量に対する意見が多い場合は、面接時に「残業は月平均どのくらいなのか」「業務量はどのくらいあるのか」などと質問していいかもしれませんね。

 

 

保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4つ

保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4つ

続きましては、第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイントを4つご紹介します。

転職する際は、ぜひこのポイントをアピールしてくださいね。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント1】若さをアピールする

第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント1つ目は『若さ』です。

第二新卒者といっても、まだ20代。転職市場で考えると若手になります。

ですので、若者特有のパッションを前面に押し出しましょう。

若さと元気は立派な武器になりますよ。

保育士の転職で覚えておきたい「第二新卒」「既卒」の特徴とメリット」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント2】社会人経験をアピールする

第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント2つ目は『社会人経験』です。

第二新卒保育士は、すでに新人研修やビジネスマナー研修などを経験済み。

恐らく基本的なビジネススキルは身についていると思います。

ですので、転職する際には社会人経験を積極的にアピールしましょう。

社会人経験があれば、園は教育コストを削減できるため、それだけであなたを採用するメリットになりますよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント3】園で工夫したことをアピールする

第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント3つ目は『園で工夫したことをアピールする』です。

前の職場で取り組んだ工夫や努力があれば積極的にアピールするといいでしょう。

些細なことでも、自分の頭で考えて行動したことはアピールポイントになりますよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4】柔軟性をアピールする

第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4つ目は『柔軟性』です。

第二新卒保育士は「勤続年数が長かった中途採用」と比べて社会人経験が少ない。

そのため、新しい仕事の進め方にも柔軟に対応できると思います。

変化の激しい時代において柔軟性は立派なアピールポイントになりますので、自信を持って伝えましょう。

 

 

保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7つ

保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7つ

最後に仕事を楽しいと感じるコツを7つご紹介していきます。

保育士の仕事を楽しいと思えない方は、ぜひこの内容を参考にして考え方の改善に取り組むといいでしょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ1】プライベートと仕事のバランスを大事にする

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ1つ目は『プライベートと仕事のバランスを大事にする』です。

保育士の仕事を楽しめる人はプライベートと仕事のバランスをとるのが上手。

一方、仕事を楽しいと思えない人はバランスが悪いことが多い。

なので、仕事を楽しいと思えない保育士さんは、プライベートと仕事のバランスを見つめ直すといいでしょう。

近年は「時短勤務制度」を導入している保育園もありますので、気になる方は「新卒OKの保育士求人一覧」、もしくは「保育士求人を紹介しているサイト」で探してみてくださいね。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ2】仕事を楽しんでない人と関わらない

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ2つ目は『仕事を楽しんでない人と関わらない』です。

保育士の仕事を楽しんでない人は不平不満を口にします。

関わっても何一ついいことはありません。

常に不平不満を漏らすような人と一緒にいると、知らないうちに悪影響を受けますので、距離を取りましょう。

そうするだけでも、考え方が変わり保育士の仕事が楽しくなってくるかもしれませんよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ3】具体的な目標をもつ

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ3】具体的な目標をもつ

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ3つ目は『具体的な目標をもつ』です。

保育士の仕事に対して目標を持つとやる気が湧き上がります。

同じ仕事でも以前より楽しみながら取り組めるかもしれません。

保育士の仕事を楽しめない方は具体的な目標を持つといいでしょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ4】他人と比べない

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ4つ目は『他人と比べない』です。

他人と自分を比べることが、仕事のモチベーションアップにつながるというのは事実です。

しかし、人によっては周囲と比べるあまり、保育士の仕事が嫌になることもあり得ます。

ですから、仕事をする際はなるべく他人と比較しないほうがいいでしょう。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ5】自分を褒める

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ5つ目は『自分を褒める』です。

保育士の仕事を楽しいと思えない人の中には、自分に厳しすぎるあまり、楽しめていない可能性があります。

自分に厳しいことはいいことですが、度が過ぎると保育士の仕事が嫌いになりますよ。

仕事を楽しいと思えない人は、適度に自分を褒めて心を満たしてあげてください。

それだけで保育士の仕事が楽しくなるかもしれませんよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ6】楽しむための工夫をする

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ6つ目は『楽しむための工夫をする』です。

仕事とは楽しいものではなく、自ら考え楽しむもの。

ですので、保育士の仕事が楽しいと思えない人は、楽しむための工夫をしてみましょう。

同じ作業でもゲーム感覚で取り組めば楽しくなるかもしれませんよ。

 

【保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7】自己有用感に意識を向ける

第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7つ目は『自己有用感に意識を向ける』です。

自己有用感とは、自分が人の役に立っているという気持ち。

「自らに存在価値を感じる」ということです。

仕事を通じて、自分が人の(世の中の)役に立っていると思えば、仕事にやりがいを感じ、楽しくなるかもしれません。

ですから「保育士の仕事が楽しい」と思えない人は自己有用感に意識を向けるといいでしょう。

保育士は、これからの未来を担う子供たちを支え、成長を育んでいく仕事。

これほど世の中の役に立っている仕事は、他にはないと思いますよ。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の転職|第二新卒とは?
保育士の転職|第二新卒と既卒の違いについて
保育士の転職|第二新卒と新卒の違いについて
保育士の転職|第二新卒保育士の採用ニーズが増加しています
保育士の転職|担任経験がある第二新卒保育士は重宝されます
保育士の転職|第二新卒保育士が退職理由を伝える際のポイント5つ
保育士の転職|第二新卒で転職して後悔する人の特徴5つ
保育士の転職|第二新卒保育士が転職前にやっておくべきこと8つ
保育士の転職|第二新卒保育士が転職する際にアピールすべきポイント4つ
保育士の転職|第二新卒保育士が仕事を楽しいと感じるコツ7つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

関連保育士求人

RELATION JOB

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む