保育士転職における不安や悩みを解消|転職に有利な時期や求人の探し方について

保育士の転職相談
2022.08.26

転職はライフプランにおける一大イベント。

転職によって人生の充実度が大きく変わります。

そのため、転職をご検討されている保育士の中には、なかなか行動に移せず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな保育士さんに向けて「転職に有利な時期」や「求人の探し方」をご紹介していきます。

後半部分では「面接にふさわしい服装」や「退職理由の伝え方」についてご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

なお、転職が怖いと感じる原因については「転職が怖いときの乗り越え方。失敗への不安を解消して内定をもらおう!」で解説しております。ご興味ある方はご覧ください。


【目次】
保育士転職における不安や悩みを解消|転職に有利な時期とは?
保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中の退職は慎重にしましょう

保育士転職における不安や悩みを解消|求人の探し方について
保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書は手書き、それともパソコン作成?
保育士転職における不安や悩みを解消|面接対策の基本は身だしなみを整えることから
保育士転職における不安や悩みを解消|面接にふさわしい服装はスーツです
保育士転職における不安や悩みを解消|訪問から受付までのマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|控室のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|入室時のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|面接中のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|退室時のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント
保育士転職における不安や悩みを解消|逆質問でアピールしましょう
保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由の伝え方について
保育士転職における不安や悩みを解消|転職エージェントに相談しましょう
まとめ

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|転職に有利な時期とは?

転職に有利な時期は「新規求人」が増える時期です。

一般的に新規求人が増えるのは「3月〜4月」と「9月〜10月」。

この時期は年度切り替えに伴う退職者の「後任補充」や「新規事業のスタート」などがあり、中途採用ニーズが高まります。

ですので、転職時期を調整できる方は、このタイミングを狙うといいでしょう。

なお、転職の準備は退職日から逆算して「半年~3か月前」に動き出すとスムーズにできます。

保育士転職における不安や悩みをご紹介しているサイト」でも同様のことを述べておりますよ。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中の退職は慎重にしましょう

保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中の退職は慎重にしましょう

民法上では退職の意思を伝えてから2週間で辞めることができます。

しかしながら保育園の中には、雇用契約や就業規則によって「退職希望日の1ヶ月〜3ヶ月前に退職の意思を伝える」と規定されているケースがあり、2週間前の申告では受理されない可能性があります。

ですから、年度途中で退職したい方は「雇用契約」や「就業規則」を確認してから伝えましょう。

そうしないと円満退社できないかもしれませんよ。

なお、年度途中で退職する際の「注意点」については、以下をご覧ください。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中で退職する際の注意点1】引き継ぎをしっかり行う

退職までに引き継ぐべきことは、リストアップをしながらきちんと進めましょう。

クラスの様子、子供一人ひとりの性格なども書いておくと、次の担当者の助けになります。

なお、引継ぎはノートを作成しておくとスムーズにできますよ。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中で退職する際の注意点2】子供たちに配慮する

子供たちにとって先生がいなくなることは寂しいもの。

大好きな先生なら尚更です。

子供たちの中には不安になってしまう子もいると思います。

ですので、年度途中で退職する際は園長先生に相談し、子供たちへの伝え方を考えましょう。

なお、子供たちにはこれまでと変わらない態度と笑顔で接してくださいね。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中で退職する際の注意点3】退職の意思を伝える順番

退職の意思を伝える順番は、まずは直属の主任に伝えるのがベスト。

園長には、主任に伝えたあとに自ら伝える時間を取ってもらうようにしましょう。

主任だけに伝えておくと「園長が聞いていない」などの理由で退職を受け入れてくれないケースもあります。

なお、当たり前のことですが、メールで伝えるのは失礼に当たります。

退職する際は、必ず会って伝えましょう。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|求人の探し方について

保育士転職における不安や悩みを解消|求人の探し方について

求人を効率的に探す方法は「保育士転職サイト」を活用することです。

保育士転職サイトは通常の転職サイトと違い、保育士向けの求人のみを掲載しております。

そのため、効率的に仕事探しができますよ。効率的に転職したい方は保育士転職サイトを活用しましょう。

9割の保育士が”辞めたい”と悩む『3つ理由』私が転職決意した体験談!」や「保育士の悩みランキング!どんな時に辞めたいと思っている?」でも保育士転職サイトの活用をおすすめしていますよ。

なお、求人探しの際に「注意するポイント」については、以下をご覧ください。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|求人探しのポイント1】募集期間を確認すること

離職率が高かったり、大量に退職者が出ることを想定していたりする場合、求人情報を長期間(もしくは頻繁に)出しています。

このような保育園は労働環境が悪い可能性があります。

求人探しをする際は企業情報だけでなく、募集期間も併せて確認しましょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|求人探しのポイント2】口コミの評価を確認すること

転職に関する「Webサイト」や「雑誌」などに掲載されている口コミは大いに役立ちます。

評価の悪い口コミが多い会社は、ブラック企業の可能性がありますので注意しましょう(もちろん一概には言えませんが…)。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|求人探しのポイント3】保育園のサイトを確認すること

良い求人に出会うためには情報収集が必須。

「求人情報だけ見てなんとなく応募した」では情報収集が足りず、後悔することになるかも。

転職活動を行う際は求人情報を見るだけでなく「保育園のサイト(経営理念や沿革)」「社員インタビュー記事」「保育園のSNSやスタッフブログ」にも目を通しましょう。

そうすることで、社風や職場の雰囲気、人間関係などを感じ取ることができますよ。

なお、応募先の保育園で職場見学ができる場合は、思い切って見学してみるといいでしょう。

あなたの保育士転職は失敗する?!辞めたい8つの理由と4つの不安」や「保育士の転職で失敗する3つの理由|事例・成功させるポイントまで」でも同様のことを述べておりますよ。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書は手書き、それともパソコン作成?

保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書は手書き、それともパソコン作成?

一般的に保育系の職種は「手書き」が有利に働くといわれております。

保育系の職種では、手書きの「連絡ノート」や「保育案」の記入などがあるため「綺麗な字が書けること」が評価されるのです。

しかしながら、近年はICTシステムを導入する保育園が増えているため、手書きの機会が激減。

むしろパソコンを使う機会のほうが増えております。

ですので、一概に「手書き」が有利とはいえないでしょう。

なお、履歴書を書く際の「注意点」については、以下をご覧ください。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書を書く際の注意点1】言葉遣い

面接官は誤字・脱字だけでなく履歴書の言葉遣いも細かくチェックしています。

そのため、履歴書を作成する際は内容に加えて、言葉遣いにも注意を払いましょう。

何も意識せずに書いていると、間違った言葉遣いで履歴書を書いてしまう可能性がありますよ。

保育士の転職における悩みや不安を解消!内定へ導くお悩み処方箋」でも同様のことを述べております。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書を書く際の注意点2】修正方法

履歴書を書き間違えた場合は、新たに書き直してください。

くれぐれも「修正液」や「修正テープ」などで修正することがないように。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書を書く際の注意点3】本人希望欄の書き方

本人希望欄は絶対条件がない限り「貴社の規定に従います」と書きましょう。

希望がない場合に「空欄」もしくは「特になし」とするのはNG。

どちらも好ましい表現ではありませんので注意してください。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|面接対策の基本は身だしなみを整えることから

保育士転職における不安や悩みを解消|面接対策の基本は身だしなみを整えることから

面接では第一印象が重要です。第一印象で合否が決まるといっても過言ではありません。

なぜなら「採用担当者が受けた第一印象」と「保護者が受ける第一印象」が同じであると考えるからです。

そのため「第一印象が悪いから採用されない」ということは十分に考えられるでしょう。

転職面接に臨む際は、洋服に“汚れ”や“シワ”がないよう身だしなみを整えてくださいね。

なお、身だしなみで「注意するポイント」については、以下をご覧ください。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|身だしなみで注意するポイント1】メイク

派手なメイクは面接官から注意されるかもしれません。

面接当日は緊張してメイクが派手になりがち。

なので、くれぐれも派手なメイクにならないように注意してくださいね。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|身だしなみで注意するポイント2】ネイル

面接官は足元と同様に手元も見ています。

そのため、ネイルは避けるべきです。

どうしてもつけたい場合は原色やラメは避け、ベージュや薄いピンクなどのナチュラルなネイルにしましょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|身だしなみで注意するポイン3】髪色

メイクと同様、派手な髪色は面接官から注意されるかもしれません。

面接に臨む際は黒や暗めの茶色にしてください。

最近は髪色自由の園も増えておりますが、面接では暗めのトーンをおすすめします。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|身だしなみで注意するポイント4】ストッキングの種類

ストッキングは基本的に「ナチュラルストッキング」がおすすめです。

最近は秋冬なら黒タイツを気にしない会社が増えてはいますが、あまりおすすめしません。

というのも、やはりタイツはカジュアル度の強いアイテム。

なので、スーツに合わせるとバランスが悪くなってしまいます。

秋冬でもストッキングはナチュラルがいいでしょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|身だしなみで注意するポイント5】全身のバランス

面接官は一つひとつのアイテムに目を光らせているわけではありません。

全体で見ております。なので、いくら綺麗なスーツを着ていても、靴だけカジュアルだったりするとバランスが崩れ、そこだけ目に付きます。

服装を選ぶ際は、悪目立ちする箇所がないように意識しましょう。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|面接にふさわしい服装はスーツです

保育士転職における不安や悩みを解消|面接にふさわしい服装はスーツです

保育士面接では、スーツスタイルで臨むことをおすすめします。

スーツを着用すれば誠実さがよく伝わり、面接官に好印象を与えることができます。

なお、「服装自由の場合」や「私服でご来社ください」と言われたらどうするのか?

結論を言うと、この場合も基本的にはスーツの着用をおすすめします。

というのも、面接はあくまでビジネスのワンシーン。会話を楽しむ場ではありません。

スーツを着用するほうが無難だと言えるでしょう。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|訪問から受付までのマナー

保育士転職における不安や悩みを解消|訪問から受付までのマナー

面接は受付の対応から見られています「受付の方に対する態度」「待っているときの所作」など細かくチェックされております。

ですので、面接に臨む際は受付から気を引き締めてください。

採用担当者の前にいるときだけが面接ではありませんよ。

なお、受付で見られるポイントは以下の通りです。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|受付で見られるポイント】

・面接の時間を守れているか?
・近くにいる職員には挨拶をしたか?
・訪問の趣旨、担当者の名前をきちんと言えているか?
・言葉遣いに問題はないか?

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|控室のマナー

保育園によっては、面接の準備ができるまで「控室」に通されるケースがあるかもしれません。

控え室に案内された際は、静かに順番を待ちましょう。

スマホをいじったり、室内を見渡したりするとマイナスの印象を与えてしまいますので、注意してください。

以下、控え室で待つときに注意するポイントです。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|控え室で待つときに注意するポイント】

・メイク直しをしていないか?(メイク直しをお化粧室でしましょう)
・スマホを見ていないか?
・足を組んで座っていないか?
・貧乏揺すりをしていないか?

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|入室時のマナー

保育士転職における不安や悩みを解消|入室時のマナー

面接では入室の仕方も細かくチェックされております。

受付・控え室と同様、入室の仕方も気をつけましょう。

入室時に見られるポイントは以下の通りです。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|入室時に見られるポイント】

・元気よく挨拶したのか?
・ノックはしたのか?
・面接官にすすめられてから着席したのか?
・面接官の目をしっかりと見て、ハキハキと話しているか?
・話しながら髪をいじったり、下を向いたりしてないか?

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|面接中のマナー

採用担当者がチェックしているのは、面接中に話している内容だけではありません。

立ち振る舞いや言葉遣い、コミュニケーションの取り方など、保育士としてふさわしいかという点を、総合的に判断していますよ。

以下、面接中に採用担当者がチェックしているポイントです。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|面接中に見られるポイント】

・相手の目を見て話しているか?
・丁寧な言葉をつかえているか?
・大きな声で話しているか?
・質問の意図を理解しているか?
・清潔感はあるか?
・逆質問をしたか?
・履歴書に書いた内容と齟齬はないか?

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|退室時のマナー

面接では退室の仕方も細かくチェックされております。

面接終了後は「ありがとうございました」と自ら進んで挨拶をしましょう。

なお、退室時に見られるポイントは以下の通りです。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|退室時に見られるポイント】

・挨拶をしてから出ていったか?
・感謝の言葉を述べたか?
・ドアを静かに閉めたか?
・椅子を整えてから出ていったか?
・忘れ物をしていないか?

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント

保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント

面接は準備がすべて。

よく聞かれる質問を事前に把握しておくと、リラックスして面接に臨めます。

転職面接に不安を抱えている方は、よく聞かれる質問と回答のポイントを押さえておきましょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント1】自己紹介をお願いします

自己紹介は必ず聞かれる質問。面接官は自己紹介を通して、あなたの「人柄」「言葉遣い」などをチェックします。

ですから、自己紹介をするときは明るく、大きな声で話すことを意識してください。

なお、自己紹介の回答ポイントについては、以下をご覧ください。

 

<保育士転職における不安や悩みを解消|志望動機の回答ポイント1>簡潔に言う

面接の自己紹介では簡潔に話すことが重要です。

なぜなら、あなたのパーソナリティは、面接官が頃合いを見て掘り下げてくれます。

ですので、ダラダラと自分語りをする必要はありません。

冗長な自己紹介はかえって印象が悪くなりますので、注意してください。

理想の自己紹介は「30秒〜1分程度」に収めることですよ。

 

<保育士転職における不安や悩みを解消|志望動機の回答ポイント2>選考への意欲を伝える

自己紹介は面接の冒頭に行うもの。ここで選考への意欲を伝えれば好印象を与えることができます。

ですので、志望動機では選考への意欲を伝えましょう。

なお、何もいい言葉が浮かばなければ、元気よく「本日はよろしくお願いします」と挨拶すればOK。

それだけで熱意は伝わるでしょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント2】この保育園を選んだ理由を教えてください

この質問はいわゆる志望動機。面接官は志望動機を通して「保育園に対する本気度」と「長く働いてくれそうか」を確かめようとしております。

ですから、その点を意識して伝えましょう。

なお、志望動機の回答ポイントについては、以下をご覧ください。

 

<保育士転職における不安や悩みを解消|志望動機の回答ポイント1>応募先の保育園ならではの特徴を伝える

保育園は園によって保育理念や保育目標に特色があったり、1日の過ごし方や年間行事の内容も大きく異なったりします。

そのため、応募する保育園の分析をしっかりと行い、自分が「なぜその園で働きたいのか」を伝えることが大事です。

 

<保育士転職における不安や悩みを解消|志望動機の回答ポイント2>保育園にどう貢献できるかを伝える

志望動機では「なぜ働きたいか」だけでなく「この人を採用して保育園にどのようなメリットがあるのか」が分かることも重要。

そのため、志望動機を作成する際は「ITスキルを活かして業務を効率化できる」「ピアノのスキルが活かせる」など、保育園にどう貢献できるかまで伝えるといいでしょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント3】趣味はありますか

面接官はこの質問を通して「あなたの人柄」を知ろうとしています。

というのも、趣味を聞けば、その人の志向が大体わかります。

たとえば、芸術鑑賞が趣味なら「新しい知識を吸収することに喜びを感じるのかな?」と仮説がたてられますよね。

面接官はあなたの人柄を知ることで「保育園の理念にマッチした人材なのか」を判断することがあります。

単純な質問ですが、人柄を見られていることを意識して、しっかりと答えましょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント4】長所を教えてください

面接官はこの質問を通して「自社でどのような活躍ができそうか?」ということをイメージします。

ですから、長所は自信を持って伝えましょう。

なお、この質問の回答ポイントは誇張しないことです。

この質問は落とすためではなく、選考を通過させる上で必要になる細かな確認をしているだけですから、無理に誇張しなくても大丈夫ですよ。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント5】短所を教えてください

面接官はこの質問を通して「自分に足りない部分を客観視できているか?」ということを見ています。

ですから、恥ずかしがらずに思い切って伝えましょう。

なお、この質問に答えるポイントは、ただ短所だけを伝えるのではなく、その短所を克服するために改善していることを伝えることですよ。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント6】挫折した経験について教えてください

面接官はこの質問を通して「挫折から立ち直る力」を見ようとしています。

というのも、保育士の仕事はハード。長く続けていれば、何かしら大きな壁に直面します。

ですから、面接官はあなたの挫折経験を聞き「どう対処して」「どう乗り越えたか」を見ようとするのです。

なお、この質問の回答ポイントは明るく伝えること!

挫折した経験を明るく語れば、前向きな考え方ができる人だと思ってもらえますよ。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント7】給与はどれくらいを期待していますか

面接官はこの質問を通して2つのことを知ろうとします。

1つは「給与額の目安にする目的」。

もう1つは「あなたの価値観や自己評価を知る目的」です。

この質問の回答ポイントは、無理なお願いをしないこと。あくまで保育園の提示額に準拠するという態度で臨み、給与額に交渉の余地があれば慎重に交渉しましょう。

保育士の悩み!!解決方は転職しかない」でも同様のことを伝えておりますよ。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント8】残業や休日出勤はできますか

面接官はこの質問を通して「保育士に対する意欲」や「ストレス耐性」を見極めようとしています。

この質問は実際に残業や休日出勤をさせることがなくても、聞いてくる可能性があります。

ですから、注意してくださいね。

なお、この質問の回答ポイントは「必要であれば残業や休日出勤もできます」という姿勢を見せること。

くれぐれも嫌な顔はしないようにしてくださいね。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント9】他に受けている保育園はありますか

面接官はこの質問を通して「保育園への志望度の高さ」を知ろうとしています。

この質問の回答ポイントは、正直に転職状況を伝えること。

その上で「この保育園で働きたい」という意欲を示すのです。

そうすれば正直な人柄が伝わり、好印象を与えることができますよ。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|逆質問でアピールしましょう

保育士転職における不安や悩みを解消|逆質問でアピールしましょう

逆質問とは、あなたが面接官にする質問のこと。

多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。

逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。

ですから、うまく答えれば、自分をアピールできる絶好のチャンスになります。

その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。

保育士転職では、しっかりと自己アピールができるように逆質問の準備をしておきましょう。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由の伝え方について

保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由の伝え方について

転職面接では退職理由について聞かれることがあります。

退職理由は伝え方が大事!伝え方次第で大きく印象が変わります。

「ありのまま伝えればいい」というわけではありません。

「給料が安かった」「保護者と喧嘩した」と面接で言ってしまったら、確実に印象は悪くなってしまいます。

退職理由を伝える際は「面接官がどう思うのか」を考え、工夫して伝えましょう。

なお、退職理由を伝える際の「注意点」については、以下をご覧ください。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由を伝える際の注意点1】愚痴や悪口を言わないこと

転職面接で愚痴や悪口を言うことはNG。

たとえ相手が悪くても面接官には関係ありません。

「愚痴や悪口を言う人」は面接官に悪い印象を与えるだけです。

退職理由では「愚痴や悪口」を言わないようにしましょう。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由を伝える際の注意点2】嘘をつかないこと

退職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。

バレないと思っても入社後にバレる可能性があります。

退職理由で嘘をつくことは絶対にやめておきましょう。

保育士を辞めたい人は多い!悩みの解決策と転職先の選択肢、円満退職の方法を徹底解説」や「保育士転職における不安や悩みについて解説しているサイト」でも同様のことを述べております。

 

【保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由を伝える際の注意点3】給与に関する話はしないこと

給与に関する退職理由はNGです(お給料がもらえなかった場合を除く)。

基本的に給与に関する話をすると「お金にうるさい人」と警戒されます。

退職理由でお給料に関する話はやめておきましょう。

 

※保育士に多い退職理由について知りたい方は「【保育士辞めたい】人間関係の悩み、保育観の不一致、給料の低さ先輩たちの体験談」や「5年目の保育士の悩み!転職する理由と今後のキャリアの展望は?」、もしくは「保育士を辞めたい転職したいと思う時にすべきことは?」をご覧ください。

 

 

保育士転職における不安や悩みを解消|転職エージェントに相談しましょう

保育士転職における不安や悩みを解消|転職エージェントに相談しましょう

転職に不安や悩みを抱えている保育士さんには「転職エージェント」をおすすめします。

転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。

ほとんどの場合は無料でサービスを利用できます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、人事担当者のみならず、現場の担当者やトップともパイプを持っていることが多いため、リアルな社内の様子や空気について聞くことができますよ。

ぜひこの機会にエージェントをご活用くださいね。

保育士転職における不安や悩みについて解説しているサイト」や「保育士1年目の悩み~うまく動けない!辞めたい!」でもおすすめしていますよ。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士転職における不安や悩みを解消|転職に有利な時期とは?
保育士転職における不安や悩みを解消|年度途中の退職は慎重にしましょう
保育士転職における不安や悩みを解消|求人の探し方について
保育士転職における不安や悩みを解消|履歴書は手書き、それともパソコン作成?
保育士転職における不安や悩みを解消|面接対策の基本は身だしなみを整えることから
保育士転職における不安や悩みを解消|面接にふさわしい服装はスーツです
保育士転職における不安や悩みを解消|訪問から受付までのマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|控室のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|入室時のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|面接中のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|退室時のマナー
保育士転職における不安や悩みを解消|よく聞かれる質問と回答のポイント
保育士転職における不安や悩みを解消|逆質問でアピールしましょう
保育士転職における不安や悩みを解消|退職理由の伝え方について
保育士転職における不安や悩みを解消|転職エージェントに相談しましょう


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

関連保育士求人

RELATION JOB

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む