保育士の転職相談|職場の人間関係を理由に転職するのはあり?

保育士の転職相談
2022.08.26

人間関係がうまくいかないから保育園をやめたい…。

こんな理由で転職してもいいのかな…。

このような悩みを抱えている保育士さんはいませんか?

保育士は沢山の人と関わる仕事。

そのため、人間関係がうまくいかず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな保育士さんに向けて「人間関係を理由にした転職の是非」や「保育士が抱えやすい人間関係の悩み」をご紹介していきます。

後半部分では「人間関係の改善策」や「転職先で良い人間関係を築くコツ」について解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
保育士の転職相談|保育士が抱える人間関係の悩み5つ
【保育士の転職相談|人間関係の悩み1】保護者と信頼関係が築けない
【保育士の転職相談|人間関係の悩み2】同僚と信頼関係が築けない
【保育士の転職相談|人間関係の悩み3】先輩保育士からのあたりが強い
【保育士の転職相談|人間関係の悩み4】園長や施設長と合わない
【保育士の転職相談|人間関係の悩み5】新人保育士にイライラする
保育士の転職相談|職場の人間関係を理由に転職してもOK
保育士の転職相談|人間関係の改善策5選
【保育士の転職相談|人間関係の改善策1】コミュニケーションの機会を増やす
【保育士の転職相談|人間関係の改善策2】苦手な人と無理にかかわらない
【保育士の転職相談|人間関係の改善策3】上司に相談する
【保育士の転職相談|人間関係の改善策4】相手からの印象を考えすぎない
【保育士の転職相談|人間関係の改善策5】相手のいい部分に目を向ける
保育士の転職相談|人間関係に疲れた方には保育補助をおすすめします
保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事9選
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事1】保育ママ
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事2】ベビーシッター
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事3】居宅訪問型保育
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事4】インターナショナルプリスクール
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事5】学童保育施設
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事6】病児保育施設
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事7】企業内保育施設
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事8】病院内保育施設
【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事9】放課後デイサービス
保育士の転職相談|人間関係に関する理由で転職する場合の伝え方
【保育士の転職相談|人間関係を理由に転職する場合の注意点1】嘘をつかない
【保育士の転職相談|人間関係を理由に転職する場合の注意点2】余計なことは言わない
【保育士の転職相談|人間関係を理由に転職する場合の注意点3】行動や努力を伝える
保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ9選
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ1】常に丁寧な対応を心掛ける
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ2】挨拶をする
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ3】笑顔で接する
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ4】連絡は丁寧にする
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ5】話のスピードを合わせる
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ6】悪いときは謝る
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ7】小さなことにも感謝する
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ8】相手の話をしっかり聞く
【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ9】距離感を考える
保育士の転職相談|転職する際はエージェントを相談しましょう
まとめ

 

保育士の転職相談|保育士が抱える人間関係の悩み5つ

保育士の転職相談|保育士が抱える人間関係の悩み5つ

はじめに「保育士が抱える人間関係の悩み」を5つご紹介していきます。

ご自身に当てはまる項目がないか、ぜひ確認してみてくださいね。

 

【保育士の転職相談|人間関係の悩み1】保護者と信頼関係が築けない

保育士が抱える人間関係の悩み1つ目は『保護者と信頼関係が築けない』です。

保護者との信頼関係がうまく築けない、といった悩みを抱えている保育士は数多くいます。

特に問題となるのはモンスターペアレント。

強い圧力で保育方針に介入してくるモンスターペアレントは扱いが難しく、度々トラブルに発展します。

モンスターペアレントの存在によって退職する保育士も珍しくありません。

モンスターペアレントの扱いは難しいかと思いますが、上司に相談しながら、うまく対処していきましょう。

保育士の人間関係を改善する3つの方法|「辞めたい」と感じたら?」や「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べております。

 

【保育士の転職相談|人間関係の悩み2】同僚と信頼関係が築けない

保育士が抱える人間関係の悩み2つ目は『同僚と信頼関係が築けない』です。

職場に合わない同僚がいることは、どの職種でもあります。

保育士に限ったことではありません。

職場に合わない同僚がいるときは、無理に関わろうとせず、程度に距離をとりましょう。

そして、もし嫌がらせなどをされたときは上司に相談するといいでしょう。

保育士さんの人間関係は大変!対処法などをご紹介」や「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを伝えております。

 

【保育士の転職相談|人間関係の悩み3】先輩保育士からのあたりが強い

【保育士の転職相談|人間関係の悩み3】先輩保育士からのあたりが強い

保育士が抱える人間関係の悩み3つ目は『先輩保育士からのあたりが強い』です。

保育士は、上下関係が厳しい職種。

一年の経験差によって隔たりがあるため、指示や指導が厳しくなることも少なくありません。

なかには指導という名の元に言葉の暴力が行われてしまうこともあります。

近年は、就業規則に「ハラスメント」に関する規定を設ける保育園も増えておりますので、パワハラに該当する行為があった際は、園長に相談しましょう。

保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|人間関係の悩み4】園長や施設長と合わない

保育士が抱える人間関係の悩み4つ目は『園長や施設長と合わない』です。

園長や施設長は、責任者として現場にいる保育士とは異なる視点で物事を見ています。

そのため、ことあるごとに細かな指導が入り、保育士として働くことに辛さを感じる人も少なくありません。

園長や施設長と性格が合わない場合は、相談相手が「本社のスタッフ」などになるため、このようなケースでは転職を考えてもいいかもしれませんね。

保育士が辞めたくなる理由「人間関係」への対策!」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|人間関係の悩み5】新人保育士にイライラする

保育士が抱える人間関係の悩み5つ目は『新人保育士にイライラする』です。

新人保育士の中には、やる気がない人もいます。

そのため、新人保育士にイラつくことも珍しくありません。

新人保育士を指導することも保育士の仕事ですが、メインは子供の世話をすることです。

なので、あまりムキにならず、気楽な気持ちで指導にあたりましょう。

なお、新人保育士の中には、緊張して周りが見えておらず、指示を待つだけになっていることもあります。

ですので、まずは仲良くなって、その子を知ることから始めるといいかもしれませんね。

保育士の方へ|保育士あるある人間関係の悩み」や「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べていますよ。

 

 

保育士の転職相談|職場の人間関係を理由に転職してもOK

保育士の転職相談|職場の人間関係を理由に転職してもOK

結論を申し上げますと、人間関係を理由に転職してもOKです。

なぜなら、人間関係の悩みは大きなストレス。

放置していると精神疾患に繋がります。

ですので、人間関係に悩んでいる方は無理せず、思い切って転職しましょう。

職場を変えれば人間関係が良好になり、精神状態が良くなるケースも少なくありませんよ。

人間関係に悩んでいる保育士さんは、ぜひこの機会に転職を考えてみてくださいね。

保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べていますよ。

 

 

保育士の転職相談|人間関係の改善策5選

保育士の転職相談|人間関係の改善策5選

職場の人間関係を理由に転職しても構いません。

しかし「人間関係がうまくいかない…」といって、すぐに退職することはおすすめしません。

なぜなら、人間関係の問題は次の職場でも起こり得るからです。

なので、人間関係に悩んだ場合、まずは改善するための努力をしましょう。

ここでは、人間関係の改善策を5つご紹介していきます。

職場の人間関係で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【保育士の転職相談|人間関係の改善策1】コミュニケーションの機会を増やす

人間関係の改善策1つ目は『コミュニケーションの機会を増やす』です。

人間関係が悪くなる要因の一つとして、コミュニケーション不足が考えられます。

仕事中のコミュニケーションを業務に支障が出ない範囲で増やしてみましょう。まずは雑談でも構いませんよ。

なお、コミュニケーションの機会を増やすことは「保育士さんが悩みやすい人間関係。改善方法や辛いと感じるポイントとは?」や「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも伝えております。

 

【保育士の転職相談|人間関係の改善策2】苦手な人と無理にかかわらない

人間関係の改善策2つ目は『苦手な人と無理にかかわらない』です。

職場のなかには苦手に感じる職員さんがいるかもしれません。

話しにくい同僚や怖いと感じてしまう先輩とは少し距離を置いてみましょう。

もちろん業務に支障がない程度にですが…。

なお、苦手な人と無理にかかわらないことについては「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも触れていますよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係の改善策3】上司に相談する

【保育士の転職相談|人間関係の改善策3】上司に相談する

人間関係の改善策3つ目は『上司に相談する』です。

同僚や保護者との関わりで悩んだときは園長(もしくは主任)に相談してみましょう。

上司は保育士経験が豊富。これまでの経験をもとにしたアドバイスをしてくれたり、保護者との間に入って対応してくれたりするかもしれません。

また、保育園によっては別の園に異動を考えてくれるケースもあります。

ですから、一人で悩まず、思い切って相談してみましょう。

保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|人間関係の改善策4】相手からの印象を考えすぎない

人間関係の改善策4つ目は『相手からの印象を考えすぎない』です。

職場になじめないと「自分は嫌われているのかな…」なんて思うこともあるかもしれません。

しかし実際のところは、思い込みがほとんど。

自分を嫌っているように思える相手は、自分の仕事に必死でまわりに構っていられないだけかもしれません。

相手からの印象を考えることは、悩むだけ時間やエネルギーの無駄になってしまうので、やめましょう。

 

【保育士の転職相談|人間関係の改善策5】相手のいい部分に目を向ける

人間関係の改善策5つ目は『相手のいい部分に目を向ける』です。

保育士といえども人間。良い面や悪い面はあります。

なので、相手のいい部分に注目することも大切ですよ。

相手の良い部分を見つけられると、だんだん好意をもてるようになるかもしれませんので、試してみてくださいね。

 

 

保育士の転職相談|人間関係に疲れた方には保育補助をおすすめします

保育士の転職相談|人間関係に疲れた方には保育補助をおすすめします

「職場の人間関係に疲れたから、もう保育士はやりたくない」。

このような方には、保育補助をおすすめします。

保育補助とは認可保育所、認小規模保育園、託児所などで保育士の業務全般をサポートする仕事。

クラス担任など、管理者として働くケースは基本的にありません。

また、サポート役なので、週3日勤務や週4日勤務など、自分の都合に合わせた働き方が可能です。

人間関係に疲れた保育士さんは、ぜひ保育補助の仕事をご検討ください。

 

 

保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事9選

保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事9選

「人間関係に疲れたから」といって保育士を辞めるのはもったいない。

せっかく取った保育士資格が無駄になってしまいます。

転職するのであれば、せめて保育士資格を活かせる仕事にしましょう。

ということで、ここからは保育士の資格を生かせる「保育園保育士」以外の仕事を9つご紹介していきます。

自由な働き方ができる仕事が多いため、長く続けられると思いますよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事1】保育ママ

保育士の資格を生かせる仕事1つ目は『保育ママ』です。

保育ママは、保育を行う人が自宅で子供を預かる仕事。

3歳未満児の場合は、保育ママ1人につき最大3人まで預かることができます。

保育ママを開業するための条件は自治体によってバラバラです。

保育士や教員、看護師などの資格が必要なところもありますが、資格は必ずしも必要というわけではありません。

資格を持っていなくても、研修により「認定を受けることが可能」な自治体もありますよ。

保育ママについては「保育士を辞めたい理由に多い「人間関係」を解決できるおすすめの転職先」で詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事2】ベビーシッター

保育士の資格を生かせる仕事2つ目は『ベビーシッター』です。

ベビーシッターとは、自宅や民間の託児所などに出向き、0歳から12歳までの子供の保育やお世話をする人のことを言います。

子供の人数は基本的に1~2人で、主に一人で対応します。

ベビーシッターになるのに特別な資格などは必要ありませんが、保育経験があればより採用されやすくなります。

ですので、保育士の資格を活かせる仕事だと言えるでしょう。

ベビーシッターについては「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも取り上げていますよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事3】居宅訪問型保育

保育士の資格を生かせる仕事3つ目は『居宅訪問型保育』です。

居宅訪問型保育とは、保育を必要とする乳幼児の居宅において、家庭的保育者による保育を行う事業。

ベビーシッターと異なり、必要な研修を修了して「保育士と同等以上」の知識や技術を有した保育者が保育を行います。

居宅訪問型保育は何らかの理由で保育園での保育が行えない家庭が対象となります。

そのため、病気などの疾患や障害を持つ子供が多く、通常の保育園とは違った経験や知識を身につけることができますよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事4】インターナショナルプリスクール

保育士の資格を生かせる仕事4つ目は『インターナショナルプリスクール』です。

インターナショナルプリスクールとは、一般的に英語保育をおこなう施設(厳密な定義はありません)。

対象年齢は小学校就学までの幼児で、英語による保育や遊びが行われます。

インターナショナルプリスクールで保育士として働く場合は、保育士資格さえあればOKです。

英語講師に関しては義務づけられている資格や免許はありません。

ですので、インターナショナルプリスクールは保育士資格を活かせる仕事だと言えるでしょう。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事5】学童保育施設

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事5】学童保育施設

保育士の資格を生かせる仕事5つ目は『学童保育施設』です。

学童保育施設は、対象年齢が7歳からの小学生を対象とした施設です。

成長期にある子供たちに安全で安心な生活を保障することが学童保育の基本的な役割になります。

学童保育施設では、子供たちの宿題を見たり、おやつの準備や一緒に遊んだりして過ごします。

なお、学童保育では持ち帰り仕事や残業はほとんどありませんよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事6】病児保育施設

保育士の資格を生かせる仕事6つ目は『病児保育施設』です。

病児保育施設とは、嘔吐や発熱などで保育園に登園することのできない子供の保育を行う施設。

共働き世帯の増加により年々需要が高まっております。

病児保育施設では、保育と看護の両方を行うため、保育士だけでなく看護師や医師も働いています。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事7】企業内保育施設

保育士の資格を生かせる仕事7つ目は『企業内保育施設』です。

企業内保育施設とは、企業職員の子供を預かって保育する施設。

職場は企業の敷地内などにあり、企業が休みの時は保育施設もお休みとなります。

近年、子育てをしながらでも働ける環境を提供するために、企業内保育所を設置する企業が増えています。

ですので、企業内保育施設の求人はたくさんありますよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事8】病院内保育施設

保育士の資格を生かせる仕事8つ目は『病院内保育施設』です。

病院に勤務するスタッフの子供を預かる保育施設のこと。

病院内もしくは病院に併設した場所に設置されております。

病院内保育施設は、保護者が病院勤務ということもあり、24時間体制の保育を行っている場合が多いです。

基本的にサービス残業が少なく、認可保育園などよりも給料が高い場合もありますよ。

 

【保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事9】放課後デイサービス

保育士の資格を生かせる仕事9つ目は『放課後デイサービス』です。

放課後デイサービスは、障害のある児童(小・中・高校生)が学校後や長期休暇中に通う事ができる施設になります。

放課後デイサービスは、施設によって個性があり、運動や楽器演奏、PC操作などを習い事のように教える「習い事型」。

自由な時間を提供しつつ料理や掃除など生活に必要なことを教える「学童保育型」などがありますよ。

 

 

保育士の転職相談|人間関係に関する理由で転職する場合の伝え方

人間関係を理由に転職する場合、ポジティブな言い方を心掛けることが大事。

なぜなら、人間関係について話した場合、前職の「愚痴」や「不満」に発展する可能性があるからです。

転職理由を伝える際は十分に注意してください。

なお、転職理由を伝える際に注意することは、以下をご覧ください。

 

【保育士の転職相談|人間関係を理由に転職する場合の注意点1】嘘をつかない

転職理由を伝える際に注意すること1つ目は『嘘をつかない』です。

当然のことですが、嘘をつくことはいけません。

嘘をついてしまうと、後で大変なことになります。

保育園は横の繋がりもありますので、嘘はつかいないようにしましょう。

これで安心!保育士の面接を有利に進めるための転職理由の伝え方とは?」や「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|人間関係を理由に転職する場合の注意点2】余計なことは言わない

転職理由を伝える際に注意すること2つ目は『余計なことは言わない』です。

嘘の退職理由を伝えることはいけません。しかし言わないことはOKです。

決して悪いことではありません。

もちろん、聞かれた際には答える必要がありますが、そうでない限りは余計なことは言わないほうが無難でしょう。

 

【保育士の転職相談|人間関係を理由に転職する場合の注意点3】行動や努力を伝える

転職理由を伝える際に注意すること3つ目は『行動や努力を伝える』です。

転職理由とは「前職で何かしらの希望が叶わなかったこと」を意味します。

なので「その叶わない希望に対して、どう向き合ったのか」が重要。

たとえば、人間関係が理由の場合だと「人間関係を改善するためにどのような行動をしたのか」ということです。

具体的な努力や行動をした人は「改善のために行動できる人」だと思ってもらえる可能性がありますので、積極的に伝えましょう。

 

 

保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ9選

保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ9選

人間関係の問題は転職先でも考えられます。

そのため、人間関係を理由に転職する方は、良い人間関係を築くコツを押さえておく必要があるでしょう。

ここでは、転職先で良い人間関係を築くコツを9つご紹介していきます。

転職をご検討の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ1】常に丁寧な対応を心掛ける

転職先で良い人間関係を築くコツ1つ目は『常に丁寧な対応を心掛ける』です。

日頃から丁寧な対応を心掛けることは大切です。

些細なメールのやり取りや、仕事を頼む時の対応は必ず丁寧にしましょう。

「対応してくれてありがとう!」と少し言葉を添えるだけでも印象は大きく変わりますよ。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ2】挨拶をする

転職先で良い人間関係を築くコツ2つ目は『挨拶をする』です。

コミュニケーションは挨拶から。朝の挨拶を気持ちよく行えば、話しかけやすい雰囲気を出すきっかけになるでしょう。

また朝の挨拶だけでなく「失礼します」「お疲れ様です」など、しかるべきタイミングで声がけすることも大切です。

挨拶をすればコミュニケーションが円滑になりますので、しっかりと行いましょう。

保育士の人間関係の悩みを解決!人間関係で辞めたいときの対策とよい職場への転職方法」や「保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ3】笑顔で接する

転職先で良い人間関係を築くコツ3つ目は『笑顔で接する』です。

笑顔は人間関係を良くする上では必須。笑顔を嫌がる人はいません(不自然な笑顔はいけませんよ)。

忙しいときは、つい忘れがちになりますので、常に笑顔を心掛けましょう。

保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ4】連絡は丁寧にする

転職先で良い人間関係を築くコツ4つ目は『連絡は丁寧にする』です。

連絡は職場の人間関係で重要。必ず丁寧に行いましょう。

抽象的な言葉で伝えても、相手は困るだけ。それでは関係が悪化しかねません。

相手に何か伝えるときは「要件と結論から先にまとめる」「曖昧な表現はしない」など、マイルールを決めて、丁寧に行いましょう。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ5】話のスピードを合わせる

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ5】話のスピードを合わせる

転職先で良い人間関係を築くコツ5つ目は『話のスピードを合わせる』です。

話のスピードを相手に合わせるのも人間関係を築く上で重要です。

話のスピードを合わせてあげると、相手が話しやすい。

そのため、相手はあなたに心を許してくれやすくなりますよ。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ6】悪いときは謝る

転職先で良い人間関係を築くコツ6つ目は『悪いときは謝る』です。

自分が間違ったときや、相手に失礼なことをしたときは素直に謝りましょう。

きちんと謝ることで相手に誠実な印象をアピールできます。

一方、謝らなければ相手から嫌われて、良い関係は築けません。

何か間違ったことをしたときは意地を張らずに「ごめんさない」と素直に謝りましょう。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ7】小さなことにも感謝する

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ7】小さなことにも感謝する

転職先で良い人間関係を築くコツ7つ目は『小さなことにも感謝する』です。

良い人間関係を築く上で、意外と忘れがちなのが感謝。

感謝を忘れていると、相手はどんどんあなたから離れてしまいます。

ですので、感謝することを忘れてはいけません。

相手が何か手伝ってくれたときなどは、必ず感謝の言葉を伝えましょう。

保育士の人間関係で悩んだ時の対処法とは?」でも同様のことを述べていますよ。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ8】相手の話をしっかり聞く

転職先で良い人間関係を築くコツ8つ目は『相手の話をしっかり聞く』です。

相手の話は遮らずに最後までよく聞きましょう。

聞き上手になれば、相手の気分を良くさせられます。

ですので、職場でもプライベートでも得をしますよ。

保育士の人間関係の悩みや不安について解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ9】距離感を考える

転職先で良い人間関係を築くコツ9つ目は『距離感を考える』です。

いきなり距離を詰めすぎると、相手は驚きます。

最悪の場合「失礼な人」と嫌われてしまうかも。特に第一印象は肝心。

いきなり距離を詰めすぎると、相手が2度と心を開かなくなることもあります。

良い関係を築きたい気持ちはわかりますが、色々な人がいますので、距離感には気をつけましょう。

 

 

保育士の転職相談|転職する際はエージェントを相談しましょう

保育士の転職相談|転職する際はエージェントを相談しましょう

保育士から転職する際には、転職エージェントの活用をおすすめします。

なぜなら、一人で転職活動をすると、大事なことを見落としたり、気づかなかったりして失敗を招く可能性があるからです。

なので、他の保育園に転職する際にはサポート役として転職エージェントをつけましょう。

なお、転職エージェントを活用すると、求人紹介や選考対策に加え「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。

さらに、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれませんよ。

なお「保育士の転職でやるべき事とは?内定が取れるポイントを解説します」でも転職エージェントの活用をおすすめしております。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の転職相談|保育士が抱える人間関係の悩み5つ
保育士の転職相談|職場の人間関係を理由に転職してもOK
保育士の転職相談|人間関係の改善策5選
保育士の転職相談|人間関係に疲れた方には保育補助をおすすめします
保育士の転職相談|人間関係に疲れた方におすすめの保育関係の仕事9選
保育士の転職相談|人間関係に関する理由で転職する場合の伝え方
保育士の転職相談|転職先で良い人間関係を築くコツ9選
保育士の転職相談|転職する際はエージェントを相談しましょう


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

人気保育士転職コラム

  • ALL
  • MONTHLY
  • WEEKLY

関連保育士求人

RELATION JOB

\ かんたん30秒入力 /

会員登録無料・転職のご相談だけでもOK!

チアップの転職サポートに申し込む